So-net無料ブログ作成
検索選択

スマートスピーカーが3社から勢揃い [AV機器]

スマートスピーカーが、アップル、グーグル、アマゾンの3社から勢揃いした。

160305_amazonechodottap.jpg

日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々 | 湯川鶴章 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

一番最初に出たのが、「Amazon Echo」で、2015年7月のこと。
Bluetoothスピーカーとして、スマホの通話や音楽を再生したり、Amazon Muicの楽曲を再生したりという、インテリジェントなスピーカーとしての一面を持ちつつ、音声認識技術 Alexa(アレクサ)に対応し、人間が自然にしゃべった言葉を理解し、その結果を合成音声で答えてくれたり、家電や自動車を制御したりするという、当時としては、斬新なコンセプトな新製品だった。
価格は、180ドル。

160305_amazonechodottap2.jpg

Amazon Echoの弟分、「Echo Dot」と「Amazon Tap」誕生|ギズモード・ジャパン

その後、廉価版の「Echo Dot」が89.99ドルで発売され、今は、50ドルまで値下しているそうだ。

yu_home1.jpg

Google Homeレビュー:Amazon Echoより賢い。その分イラッともするけど|ギズモード・ジャパン

続いて、2016年10月に、Googleが、似たコンセプトの「Google Home」が発売された。
音声認識エンジン「Google アシスタント」を搭載し、しゃべり言葉を認識して、対応する仕事をしてくれる。
価格は、130ドル(約1万3000円)。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感