So-net無料ブログ作成
検索選択

アップルが新型iPad Proを発表 [タブレット端末]

thumb_400_01_px400.jpg

Apple,リフレッシュレート120Hz対応の新型iPad Proを発表。液晶パネルサイズ9.7インチに代わる10.5インチと,12.9インチの2モデルで展開 - 4Gamer.net

大画面化した「新iPad Pro」は買いなのか?  - 日経トレンディネット

アップルが新型iPad Proを発表した。

アップルは、とうとうやることがなくなったのか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

iPadは、3月にも新製品を出しているが、値下げ以外は目立った新しさはないアップルらしくない新製品だった。
そこから、3か月で、更なる新製品発表となり、その発表内容を見ると、3月の新製品はあくまで「つなぎ」だったと見るべきかもしれない。

新型iPad Proは、12.9インチ版はそのままに、9.7インチ版に代わって10.5インチ版が新登場した。
しかも、10.5インチ版の筐体のサイズは、9.7インチ版から横幅が4.6mm、高さが10.6mmわずかに大きくなっているだけであり、従来モデルに比べ、画面の左右の縁は狭額縁となった。
iPadのディスプレイは、基本4:3で画面サイズの割に幅が大きくい、しかも、狭額縁化の技術が遅れていて、画面サイズに対して横幅が大きく、手に持ちにくい弱点を抱えていたが、ようやくそれを改善しようという気になったらしい。
今回は、液晶の縁の幅を約40パーセント狭くしたそうだ。

ただし、今回の狭額縁化は、10.5インチ版のみで、12.9インチ版は従来モデルと同じ。3月の新製品も9.7インチ版だけだったが、おそらくアップルとして一番の売れ筋が9.7インチ版なので、ここには力が入れられるが、それ以外のモデルは、毎回、型から起こしたような新モデルを開発できるだけの開発人員は持っていないのだろう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感