So-net無料ブログ作成
検索選択

「ONYX BOOX C67ML」のその後 [電子書籍]

KIMG0144.JPG

「ONYX BOOX C67ML」について、その後、カスタマイズしたことについて、メモしておきたい。

ぽつんぽつんと書くブログ

こちらの情報によると、ランチャーメニューは、私が使ってみたNovaはメモリ食いなのでよくなく、Zeam Launcherがいいとのことで、試してみたが、「ONYX BOOX C67ML」では、デフォルトの設定非常に使いづらく、設定変更自体が困難であったために利用は断念。

スマートランチャー (Smart Launcher) - Google Play の Android アプリ

現在はこれを試用中。多少不便もあるが、動作が軽いし、あらゆるアニメーションをOFFにすれば、E-ink特有の残像が極力減らせるのがいい。
壁紙はモノトーンの明るめのグレーを設定すると、アイコンや文字の表示の邪魔にならず、ちょうどいい加減だ。

また、上記サイトによれば、画面右上の丸い矢印アイコンは、画面の再表示ではなく、表示モードの切替らしい(結果として再表示も行われるが)。矢印の中にA2と表示されているときの状態は、グレースケール表示をやめ、画面を白黒日だけで表示することで、表示を高速化できるらしい。
ただ、このA2モードにすると、肝心のフォントが読みづらくなってしまうので、結局電子書籍リーダーとしてはあまり意味がなく、あまり使い道はないかも。

それ以外に、

・戻るボタンの長押しで、フロントライトのON/OFFが切り替えられる

・右ボタンの長押しで、画面のリフレッシュができる

・画面の左右にボタンがあり、音量のアップダウン、左右カーソルに切り替えて使えるが、これは、アプリの設定によってはページめくりにも使える。

と言ったノウハウを発見。

現状感じている問題としては、

続きを読む