So-net無料ブログ作成
検索選択

au2017年夏モデルと「au HOME」って何だこれ? [ネット家電]

au、2017年夏モデルを発表 - ケータイ Watch

au/KDDIが、2017年の夏モデルとして、スマートフォン4機種、フィーチャーフォン2機種を発表した。
すでに夏モデルとして、5月23日にグローバルモデルをベースとした3機種が発表済で、それを加えると、スマートフォンは合計7機種となる。
auは、ここ数年、シーズンごとの新モデルが5機種前後であることが多かったが、今回は、マートフォン7機種、タブレット1機種のNTTドコモを超える機種数となった。

スマホは、既に発表のグローバルモデルベースの3機種、Galaxy S8 SCV36、Galaxy S8+ SCV35、Xperia XZs SOV35に加え、オリジナルモデルが、AQUOS R SHV39、HTC U11 HTV33、TORQUE G03 KYV41、ua phone QXというラインナップ。
さらに、Androidベースのフィーチャーフォンとして、MARVERA KYF35と、かんたんケータイ KYF36が発売される。

今回は、あまり共通する新機能などはないようだが、個別のモデルを見ていくと、それぞれ何か特徴がある。

「HTC U11 HTV33」は、側面の感圧センサーによる「握るUI」、自動でユーザーの耳に合わせて音質調整を行い、ノイズキャンセリング機能も搭載するハイレゾ対応イヤホン、VRデバイス「LINK」の付属と、かなり尖ったモデルとなっている。
ただ、イヤホンジャックが非搭載となり、付属イヤホンは、USB Type-C端子に接続するという。これが市場でどう受け止められるだろうか。

「TORQUE G03」は、京セラ伝統のタフネススマホで、今回は、特にディスプレイガラスの強化に力が入っている模様。

「AQUOS R SHV39」は、120Hz駆動、HDR対応のIGZOディスプレイや、今夏モデル最速の下り最大590Mbps対応のほか、人工知能「エモパー」と連動して回転する充電台「ROBOQUL(ロボクル)」が同梱され、スマホが常に人の方を向いて対話ができるという。

「Qua phone QX」は、スマホ初心者でも通話がしやすい細かな工夫が満載なのが特徴。
フィーチャフォンからの乗り換えユーザーに分かりやすいよう、前面の液晶画面の下に電源ボタンがあるのは、ホームボタンと間違えそうで好みが分かれそうではある。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazon Fire TV Stickのファーム更新が来た [ネット家電]

最近、「Amazonプライムビデオ」を見るのに、「Amazon Fire TV Stick」を使っていなかった。

先日購入したパナソニックのBDレコーダーBRG2020のネット機能に、Amazonビデオアプリがプリインストールされており、当たり前だがBDレコーダーに付属のリモコンで、録画番組を見る感覚て、シームレスに「Amazonプライムビデオ」のコンテンツを見ることができ、結構便利だからだ。

そんなこともあり、久しぶりに「Amazon Fire TV Stick」の電源を入れてみたら、テレビに何も表示されず、うんともすんとも言わなくなり焦ってしまった。

KIMG0265.JPG

何度かコンセントを入れ直して、ようやく正常に起動した・・・と思ったら、トップメニューが以前と全く違うじゃないか。
自動でファームが更新されたらしい。

我が家では、Amazon Fire TV Stickを使わないときは、コンセントから抜いているので、おそらく、電源を入れた時に最新版のファームへの更新が自動実行されてしまい、更新が完了するまで、うんともすんとも言わない状態になったのかもしれない。
なら、納得だ。

ただ、ファーム更新でそれなりの時間使えなくなるのなら、そのようなメッセージを一言でいいから画面に表示して欲しかったな。

新ファームのバージョンは、5.2.4.1。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon Fire TVおよびFire TV Stickのソフトウェアアップデート

Amazon Fire TV & Fire TV Stick Software Update History | AFTVnews

・ランチャーメニューのUIが一新され、左右カーソルでメニューを選び、選択メニューに応じて表示されるリストを上下カーソルで選ぶ形に変更された。
・使用しているアプリやストリーミングサービスのインターネット通信データ量の情報を確認できるようになった。
・Amazonビデオやの再生時の画質を設定することができるようになった。
・PINコード入力によるPrime Photosアプリの制限が可能になった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「YotaPhone 2」をカスタマイズして使い始める [スマートフォン]

00-top2.jpg

2画面スマホ「YotaPhone 2」を本格的に使い始める前に、Android 4.4から、Android 5.0にアップグレードしてしまおう。

購入した「YotaPhone 2」は、「YD206」という中国版なので、本来はAndroid 5.0にはアップグレードできないらしいのだが、

【Yotaphone2】中国版をAndroid 5.0へアップデートする方法 ? GEEK ? KAZU

LTE Band 1が使える「YotaPhone 2 (YD206)」のOSアップデート方法と、アップデート後に再度Band 1に対応させる方法: ガジェットレビュー

こちらに公開されている手順に従えば、Android 5.0化可能な「YD201」のファームウェアに書き換えできるそうなので、私も説明通り実行し、無事アップグレードに成功した。
一点注意するべきは、PCからアップグレード中、画面に何も表示されないことだ。
失敗しているのではないかと不安になってしまうが、焦らず完了するまで待ち続けよう。

「YotaPhone 2」のAndroid 6.0アップデートが決定。ロシアでベータテスト実施中 | juggly.cn

[YotaPhone2] Android6.0化で気づいたこと | 遊軍的家

なお、「YotaPhone 2」は、近々、Android 6.0 Marshmallowにもアップグレードが予定されているそうだが、現状はまだβ版で、E-ink側に不具合もあるし、何よりアップグレードにより設定が消えてしまうらしいので、こちらは、今回は、アップグレードは見送ることにする。正式版が出てから、アップグレードすればいいだろう。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

サブモニターの設定 [パソコン周辺機器]

617ETPT6ZuL._SL1200_.jpg

サブモニターを購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

早速、メインで使っているデスクノートパソコン「LaVie L PC-LL750MSW-BG」に、このサブモニターをHDMIで接続してみたが、直ちにフルHDのセカンドモニターとして認識され、画面がパソコン本体のディスプレイとミラーリングで表示された。

ここから、使い道を考えてカスタマイズをしていこう。

まず、画面の前に音について。
サブモニターにはスピーカーも内蔵しおてり、HDMI入力だと音が出せ、付属リモコンで音量も調整できるが、音質はよくないし、音量も出ない。その上、代わりにパソコン本体からは音が出なくなってしまう。
さらに困るのは、サブモニターにはヘッドホン端子もないので、普段使っているステレオイヤホンで音を聞くこともできない。

私の場合、音はパソコンから出る方が都合がいいので、まず、再生デバイスの設定を、接続したサブモニターから、内蔵スピーカーに変更した。

KIMG0168.JPG

さて、本丸の画面について。
初期状態のサブモニターは、メインのミラーリング表示になっているので、まずこれを、2画面で別々の表示ができるデュアルディスプレイ表示に変更する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サブモニターを購入 [パソコン周辺機器]

サブディスプレイが欲しくなった:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

メインのノートパソコン用のサブモニターが欲しくなり探し始めたが、HDMI入力があるサブモニターは、Amazonが一番安いみたいで、

610rEqHorhL._SL1200_.jpg

意外に使えるサブモニタを購入!! 中編 - 物欲の小径

例えば、cocoparというメーカーの7インチディスプレイが、7,000円を切る価格で、売れてもいるようだ。
ただ、このディスプレイ、メインの用途は車のリアモニターや、Raspberry Pi用らしく、ACアダプタが付いてていない。
専用のACアダプタ(980円)は別途購入する必要があるらしい。

617ETPT6ZuL._SL1200_.jpg

Amazon.co.jp: Toguard 7インチモニター、超薄高解像度1024×600ディスプレイ、AV/ VGA/ HDMI入力、携帯用のTFT LCD CCTVビデオディスプレイ、 タッチボタン、内蔵スピーカー、セキュリティ監視カム用: パソコン・周辺機器

ということで、少し値段は上がるが、今回は、7,200円でACアダプタ付きの、Toguardというブランドの7インチサブモニターを購入した。

KIMG0165.JPG

スペック自体は、cocoparあたりとほとんど同じに見えるが、デザインは違い、画面下にある操作ボタンが、タッチセンサーなのと、赤外線リモコンが付属するのが、cocoparより少々高級感があるかも。

画面のタッチセンサーや、リモコンで設定メニューの操作ができるのだが、メニューは日本語をサポートせず、英語で使うことになる。この画面操作のたびに、ピッという音が鳴り、これが耳障りで消したいのだが、消す設定は見つけられなかった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感