So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年04月 | 2017年05月 |- ブログトップ
前の5件 | -

AmazonがFireタブレットシリーズの新モデルを発売 [タブレット端末]

amazon.png

アマゾンの新5000円タブレット 本、動画、サブ機に最適 - 日経トレンディネット

Amazon.co.jp、4,980円からで購入できる7型/8型タブレット「Fire 7/Fire HD 8」 ~動画のダウンロード持ち出しに対応 - PC Watch

Amazonが、日本で、Fireタブレットシリーズの新モデルとして、7型の「Amazon Fire 7」と8型の「Amazon Fire HD 8」を発表した。6月7日より出荷する

価格は、Fire 7が税込8,980円(8GBモデル)から、Fire HD 8は、税込11,980円(16GBモデル)から。
「Amazonプライム」の会員だと、クーポンを利用して、さらに4000円引きで購入でき、Fire 7は税込4980円~、Fire HD 8は税込7,980円~で購入できる。

 「Amazonプライム」は年額3900円(税込)の会員制サービスで、会員になると動画が見放題のプライム・ビデオ、音楽が聴き放題のPrime Musicなどのサービスを利用できるというものだが、これに加入していなければ、このタブレットを買う意味はほとんどないだろう。
逆に、加入していれば、安く買えるし、買っても損はない。
 
Fire 7は前機種「Fire」の後継モデルで、7型ディスプレー(1024×600ピクセル)を搭載する。ディスプレーを構成しているピクセルの形がほぼ正方形になり、従来モデルより画像や文字が見やすくなったのが特徴。

そのほか最大バッテリー駆動時間が7時間から8時間に伸びた。2.4GHzのみ対応だった無線LAN機能は2.4GHzと5GHzの両対応になり、電波干渉による速度低下が起こりやすい2.4GHz帯の無線LANを避けて、5GHz帯でコンテンツのダウンロードができる。対応microSDカードの最大容量は200GBから256GBに増えた。

ストレージ容量が8GBのモデルと16GBのモデルがあり、価格は8GBモデルで8980円、16GBモデルが1万980円。前述の通り、Amazonプライムの会員はクーポンの利用で4000円引きで購入できる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サブディスプレイが欲しくなった [パソコン周辺機器]

NEC LaVie L PC-LL750MSW-BGの感想:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

私がメインで使っているデスクノートパソコン「LaVie L PC-LL750MSW-BG」は、15.6インチのフルHDの液晶を搭載しているが、日常の様々な使い道で、ウィンドウを複数開いて作業すると、画面が狭く感じることも多い。

たとえば、Webブラウザであちこちのサイトを複数タブで開きながら、メーラーを開いてメールを読み、iTunesでアプリとポッドキャストの更新と同期を行い、エディタでブログの文章を書き、エクスプローラーを複数開いてradikoサーバーと、スマホ、SDカードの間で録音ファイルをコピーしたり、という多重作業はよくあること。

これらの作業は、Windowを切り替えながら行えるのだが、さらに、VLC Playerなどで、動画、音声ファイルを試聴したり、DLNAでテレビの録画ファイルを見たり、radikoを聞きながら、その他の作業を行おうとすると、その他の作業のウィンドウに十分なウィンドウサイズを確保すると、動画などがほとんど裏に隠れてしまうか、隠れないようにするには、かなり小さく表示するしかなくなってしまう。

パソコンにはHDMI出力があるので、そこにディスプレイを外付けして、デュアルディスプレイにすれば、この問題は解消するが、もう一つ大きなディスプレイを置く場所がないので、これまで我慢していた。

ところが、最近、USB接続のサブディスプレを購入し、ノートパソコンと組み合わせて業務で使用している人を見かけた。
小さなディスプレイをパソコンに接続し、パソコン画面の脇にクリップか何かでぶら下げれば、動画などについては作業の邪魔にならずに、場所的にも邪魔にならずに表示できるのではないかと思いつき、小型のサブディスプレイの購入を検討してみることにした。

【安くて快適すぎ】USBサブモニターを強くおすすめしたい | kiritsume.com

おすすめモバイルディスプレイ9選。小型で持ち運びも楽チン

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラジオ録音サーバ用タブレットでトラブル [タブレット端末]

Windowsタブレット「Iconia Tab 8 W」を、ネットラジオの録音&サーバ専用機として、「Radikool」というradiko予約録音ソフトをインストールし、支障なく使ってきたのだが、2017年4月以降、タイムフリーが録音できるソフト「どがらじ」を追加でインストールしたところ、1週間持たず、メモリ不足が原因と思われるエラーが発生し、予約録音に失敗することがしばしば起きるようになった。

「Iconia Tab 8 W」は、1GBのRAMという、元々Windows 10を動作させるには最低限の容量しか搭載しておらず、その上で2つの録画ソフトに、仮想デスクトップソフトや、DLNAサーバを常駐させており、メモリ環境は厳しい気もしていたが、やっぱり無理だったか。

暫定措置として、「Iconia Tab 8 W」の自動再起動の設定を、1週間に一度から、現状予約録音を入れていない毎日の朝7時に変更し、エラーが起きにくいようにした。

ただ、今後のことを考えると、「Iconia Tab 8 W」をもう少しリソースに余裕があるマシンに変更した方がよさそうだ。

「Radikool」「どがらじ」を動作させるだけなら、RAMが2GBあれば十分だろう。AtomベースのWindowsタブレットであれば、1万円も出せば買える。だが、どうせマシンを買えるなら、もう少し先を見据えたい。

というのも、現在ラジオの録音ファイルを聞くのには、コンパクトスマホ「POSH Microx S240」を使用しているが、いくつかの不満もあり、後継機種を考える中で、「第6世代iPod touch」の購入を考えている。

iPod touchにラジオの録音ファイルを同期してコピーするには、ラジオ録音用のマシンで、iTunesが動く必要があり、正直、iTunesは動作が重いソフトなので、Atom CPUでは、ラジオの録音との並行動作は厳しいと考えている。

そこで、欲しいマシンのスペックは次の通り。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エイベックスから1万円を切るハイレゾプレーヤー発売 [ポータブルオーディオ]

08_s.jpg

エイベックスから1万円を切る小型ハイレゾプレーヤー登場。32bit対応「CuBit」 - AV Watch

あのエイベックス・エンタテインメントから、何故かハイレゾ対応のポータブルメディアプレーヤーが発売されたそうだ。
「High-Reso CuBit(ハイレゾ・キュービット)」という製品で、価格は何と!9,800円。
もちろん、エイベックス自身が開発できるわけはなく、実際の製造開発元はメモリーテックというOEMベンダ。

製品は、5種類のカラーバリエーションがあり、サイズが52×52×14.8mm(縦×横×厚さ)で、約32gという超コンパクト。

しかしながら、本体には、再生/一時停止や曲送り/戻しのハードウェアボタンと、曲名や電池残量などを表示できる有機ELディスプレイも装備する。

もちろん、ステレオミニのヘッドフォン出力端子を備え、出力は15mW×2chという。

楽曲用のストレージは内蔵せず、microSDカードスロットを内蔵し、最大64GBのmicroSDXCカード(Class 10推奨)をサポートし、そこに楽曲ファイルを格納する。

さらに、対応ファイルは、最大192kHz/32bitのWAVやFLACのみという大胆な割り切り。MP3もAACも再生できないというのは、さすがに実用性の上で、いかがなものだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

船井電機がヤマダ電機と組んでAV機器に再参入 [AV機器]

船井電機というと、パナソニックやソニーなどに比べれば、地味な存在で、昔は「安物」というイメージが付きまというメーカーだったが、米国では、FUNAIブランド自体、よく知られており、販売シェアも日本とは比べ物にならないぐらい高かった。

国内勢のVHSデッキ生産終了 最後の船井電機、時代に幕 - 産経WEST

VHSデッキを最後まで作り続けた点でも記憶されるべきメーカーだ。

ただ、ブランド力が弱い体質から抜けきれず、ある時期からOEMベンダに徹するよう方針転換があり、日本の大手家電メーカーのテレビやレコーダーの開発、製造を一手に手掛けるようになる。

『和製ホンハイ』の船井電機 来年度からついに自社ブランドで4Kテレビを国内投入へ [無断転載禁止]?2ch.net

具体的な情報は公開されていないのだが、噂では、三菱のBDレコーダー内蔵テレビは船井製だったり、パナソニック以外のBDレコーダーは、今は皆船井製だといった情報がアンダーグラウンドで飛び交っていたりする。
ニッチなところでは、日立マクセルが出しているiVDRレコーダーなんかも、船井製らしい。

船井電機、過去最大の赤字を受け創業者らが退任 | スラド

ところが、2016年、船井電機、過去最大の赤字を受け創業者らが退任する事態となった。
原因は、AV事業の業績低迷で、それはイコールOEM先のメーカーの業績低迷だった。
三菱はレコーダー事業から撤退し、シャープや東芝のAV事業が外資に売却される事態となれば、それまでのOEM戦略ではうまくいくはずがない。

「私が市場創造する」と山田会長。ヤマダ独占販売のFUNAIテレビ、有機ELは'18年夏 - AV Watch

そこに飛び込んできたのが今回のニュース。

船井電機が、ヤマダ電機と組んで、船井ブランドのテレビやレコーダーを発売し、独占販売するという発表は、驚きはしたが、納得できるものがあった。

デジタルAV家電というのは、今や、ハイテク技術の塊なのだが、長年、各社のOEM開発を受け置く中で、船井電機には、そうした技術をモジュール化し、顧客のどんな要求にも対応した仕様の製品が開発できるノウハウが確立しているのだろうし、しかもそれを低価格に製造できる体制が出来上がってきたのだと思う。
だから、OEMブランドでなくても、最先端のデジタルAV機器を開発、製造する力は、元々持っている会社なのだ。

ただ、船井電機の最大の弱点は、繰り返すが、ブランド力のなさ。それを、ヤマダ電機と組むことで、カバーしようというのが、今回の提携なのだろう。

今回の提携では、フルラインナップのテレビと、BDレコーダーを発表したが、最初から力が入ってんなぁ、という印象。

img_tv.jpg

FUNAIテレビが復活。4K/全録3TB HDD搭載機など11機種をヤマダ電機独占販売 - AV Watch

テレビについては、4Kテレビが、全録対応で55/49型のフラッグシップ「6000シリーズ」、65/55/49型で予約録画対応の「5000シリーズ」、スタンダードな「4100/4000シリーズ」の4シリーズ8モデルに、2Kテレビの「2000シリーズ」という4kテレビメインのフルラインナップを展開する。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
2017年04月 |2017年05月 |- ブログトップ