So-net無料ブログ作成
検索選択

ソニーからデジタルペーパーの新型「DPT-RP1」登場 [電子書籍]

電子ペーパー端末「DPT-S1」にちょっとガッカリ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

デジタルペーパー「DPT-S1」というソニーの商品について、このブログでも何度か取り上げたことがある。

DPT-S1 | デジタルペーパー | ソニー

13.3型の電子ペーパーを搭載し、電磁誘導方式ペンで操作するタブレット端末だが、独自OSで、読めるファイルはPDFのみという機能を特化した端末で、基本は業務用途に販売されていた。
一応個人でも入手可能ではあったものの、実売でも10万円以上する製品で、PDFを見るだけのために、おいそれと手軽に買える商品ではなかった。

「DPT-S1」は、昨年前半に少し値を下げた後、在庫切れになり、静かに市場からフェードアウトしたので、ついぞや買う機会はなかったのだが、その後継機にあたる「DPT-RP1」が、6月5日より発売することが発表された。

sony.jpg

ソニー、“紙のように読み書きできる”A4サイズデジタルペーパー - AV Watch

コンセプト自体はほとんど変えておらず、見られるファイルはPDFのみで、基本は業務用途に販売されるが、個人でも買えるようで、店頭予想価格は8万円前後と、「DPT-S1」よりは少し安くなった。

ディスプレイは、A4サイズ相当の13.3型(1,650×2,200ドット、16階調)の高解像度電子ペーパーディスプレイで、「DPT-S1」とサイズは同じだが、解像度は1,200×1,600ドットからさらに高密度になった。

独自開発したというノンスリップパネルを採用し、ペン先の滑りを抑え、より紙に近い書き心地を実現しているそうだ。
専用タッチペンも、2種類の芯から好みの書き味を選べ、新採用の静電容量タッチパネルと充電式アクティブスタイラスペンの組み合わせで、画面の端まで細かく書き込めるよう工夫したそうだ。

ディスプレイは「DPT-S1」と同じでありながら、本体サイズは、約302.6×224×5.9mm(縦×横×厚み)で、重さ約349g。「DPT-S1」の310×233×6.8mm、約358gより、一回りコンパクトに、軽くなっている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感