So-net無料ブログ作成
検索選択

コンパクトスマホ「Posh X S240」の後継機を再度調査 [スマートフォン]

コンパクトスマホ「Posh X S240」の不満について書き、もうちょっとマシな後継機種が欲しいことをこのブログに書いたら、コメントで貴重なご意見を頂き、それに基づき、再度、代わりになる機種を探してみた。

pigu_1.jpg

コンパクトな格安スマホ「Polaroid pigu」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

まず、私自身も一度取り上げたことがある「Polaroid pigu」を推す方がいた。

Polaroid pigu 発送直前レビュー(笑) - SIMフリー格安スマホとネットワークを紹介する グルーブスクエア

「Polaroid pigu」は、格安3Gスマホで、重さも97gで 116×60m×9.9mmと、軽量コンパクト。
ただ、「Posh X S240」と同じく、RAMを512MBしか搭載しておらず、OSもAndroid 4.4で「Posh X S240」と同じであることもあり、「Posh X S240」ではインストールはできたものの起動で落ちてしまうradikoアプリが、この機種でも動かないのではないかと懸念があり、避けていたのだが、ブログコメントで、「Polaroid pigu」でraikoアプリは動き、タイムフリーも聴けるという情報を頂き、一気に候補に昇格した。
ただ、一時は5,000円を切る値段で買えたのに、古い機種なので今はすでに市場在庫が少なく、値段も上昇気味。
中古白ロムが安くで買えるなら、買ってもいいかな。

FLEAZ POP.jpg

Android5.1(Lollipop)搭載SIMフリースマートフォン FLEAZ POP | covia

その次に気になる存在が、coviaの「FLEAZ POP」という機種だ。
LTEにも対応するスマホ現行機種としては、この機種が一番軽いらしく、約107gだ。
サイズも、124×62.5×10.2㎜もあり、やっぱり「Posh X S240」とは比べ物にならないが、それでもこれがLTE対応ではミニマムサイズみたいだ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパクトスマホ「POSH X S240」で困っていること [スマートフォン]

m_41ZCx2BPDvHL-d8ea0.jpg

Posh Mobile | Micro X S240 - Posh Mobile

ポータブルオーディオプレーヤーとして、radikoの録音などを中心に聴くため、コンパクトスマホ「POSH X S240」を使っていて、パソコンにUSB接続して、録音したファイルをmicroSDカードに転送すれば外で聴くことができるため、とても重宝しているのだが、明確な気になる弱点もある。

最初から分かっていた弱点としては、

・microUSB端子の底が短く、付属ケーブル以外を使うと、端子が短すぎて通信も充電もできない。
・本体の裏蓋が固く開けにくい。ハングアップすると、できる対策はバッテリーの取り外ししかないので、そのたびに面倒だ。
・出張などで電車に乗っている時間が長いと、バッテリーが一日持たない。特に、バッテリー残量が20%が切ってから、シャットダウンするまでの時間の余裕がなく、あっという間に使えなくなる。バッテリー管理のファームウェアの出来が悪いのだろう。
・本体にストラップ穴があるのはいいが、ミニジャックとは反対側にあるので、イヤホンケーブルの取り回しが面倒。
・カメラがパンフォーカスで、解像度も低く、低照度時のノイズも多く、あまり使えない。
・画面が小さすぎて、タッチ操作が困難。

といったところ。
さらに、使い始めると、次のような弱点が目につくようになった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BDレコーダー「DMR-BRG2020」を購入 [AV機器]

s-jn160404-2-1.jpg

パナソニックBDレコーダーDMR-BW850の中古品を購入! | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

我が家では、リビングで、7年前に買ったパナソニックのBDレコーダー「DMR-BW850」を、未だに使い続けている。
2番組同時録画できるとはいえ、片方はDRモード限定という制約はあるし、HDDは500GBしかなくHDDの増設もできないので、常に満杯状態で、マメにBD-Rへバックアップして番組を削除していかないと、たちまち残量不足で予約録画を失敗してしまう状態が続いている。

おまけに、最近、Blu-rayの市販コンテンツを入れても認識せず、ディスクをクリーニングしてようやく認識したりすることがあり、さらに、ブランクディスクのフォーマットでエラーが発生することが増えた気がするので、BDドライブ自体もそろそろ動作が怪しい。
そこで、以前から、BDレコーダーの買い替えは検討していた。

全チャンネルレコーダーは嫌いなので、通常の予約録画タイプのレコーダーで、使い慣れていて、経験的にバグも少ない気がするパナソニック製がいい。
DIGAがSDカードスロットがSeeQVault規格対応になれば買おう、と思い、ずっとそれを待っていたのだが、他社互換性がないHDDでは対応済なのに一向にその気配がない。
ここまで対応しないとなると、パナソニックとして対応したくない事情があるに違いなく、いくら待っても無駄だと判断した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ソフトバンク系格安SIM」が出てきたけれど [携帯電話]

01_px400.jpg

日本通信(b-mobile)から、ソフトバンクモバイルのネットワークを使った格安SIMサービス「開幕SIM」が提供開始されているが、そもそもソフトバンクのソマホは、基本、SIMロックを解除しさえすれば、NTTドコモ系のMVNO SIMサービスが使えるはずで、「開幕SIM」がそれらに比べて、お得なのかどうかが気になっていたのだが、日経トレンディネットに、それに関する記事が掲載されていた。

「ソフトバンク系格安SIM」はお得か? iPhoneで試算 - 日経トレンディネット

「開幕SIM」は、日本通信(b-mobile)から提供されているが、日本通信と提携関係にあるU-NEXTも、「U-mobile S」のブランド名で同じ内容の格安SIMを提供しているそうだ。

また、現時点ではデータ通信SIMのみが用意されており、通信容量は月1GBまで(月額料金880円)から月30GBまで(同4980円)の4種類から選択できる。

上の記事では、「開幕SIM」とNTTドコモ系のMVNOサービスを代表して「楽天モバイル」とを、料金面で比較している。

結果を見る限り、新規契約手数料(それぞれ3000円、3394円)を含み、18か月(1年半)使い続ける場合で見ると、月1GB、月3GB、月7GBのプランでは、楽天モバイルの方が圧倒的に安く、勝負にならない。

ただし、月30GBまでのプランについては、「開幕SIM」がお得になるというが、まあ少数派だろうな。

もっとも、これは日本通信のせいではなく、そもそも、ソフトバンクのMVNO事業者への接続料が、NTTドコモに比べて高すぎるのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

任天堂が「ミニスーパーファミコン」を出すらしいが・・・ [ゲーム機]

ええーっ!「クラシックミニ」が生産終了:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

少し前に、任天堂が、ニンテンドー・クラシックミニの生産を一旦終了することを発表しことを取り上げたが、売れ続けているのに生産を終了する理由について、任天堂が明らかにしていないため、消費者としては、かなりモヤモヤが残っていた。

header-35-696x362.jpg

任天堂、「ミニスーパーファミコン」を展開か。「ミニファミコン」の後続商品に | AUTOMATON

そこに、この任天堂が、「ミニスーパーファミコン」を、今年のクリスマス時期に発売するかもしれない、というスクープ記事が入ってきた。

このニュースのソースである海外メディアEurogamerは、これまでもNintendo Switchに関する事前情報などでも、取材力を発揮しており、ある程度信用はできそうだ。

Eurogamerは、ミニファミコンが生産終了となった大きな理由は、同社がSNES miniつまり「ミニスーパーファミコン」の生産に切り替えたからだとも報じており、だとすると任天堂が無言を貫いている理由がなんとなくわかる気がした。

ニュースでは何も言及されていないが、ここで、私の勝手な予想をしておこう。
「ミニスーパーファミコン」には、「クラシックミニ」のゲーム機能と30種類のゲームは、そのまま搭載されるはずだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感