So-net無料ブログ作成

「ONYX BOOX C67ML」が使いモノになるまで [電子書籍]

さて、一通りの初期設定が完了したE-ink搭載のAndroidタブレット「ONYX BOOX C67ML」だが、使えるようにカスタマイズして行こう。

(1)ランチャーメニューの変更

2017-03-20 13.36.33.jpg

まず、プリインストールされている独自のランチャーメニュー(ContentBrowser)のUIが、全くAndroidらしくなく馴染めないのと、日本語表示に対応していないため、別の汎用ランチャーメニューに変更することにする。
候補は色々あったのだが、機能的に不足ない上で、容量が小さく動作も軽いという評判の「Nova」というアプリを入れてみた。

KIMG0144.JPG

ランチャーメニュー「Nova」をインストールし立ち上げてみると、画面が元々カラーでデザインされているため、それを無理やり16階調のモノクロで表示するため、全体的に画面がぼんやりした印象になる。

2017-03-20 13.38.35.jpg

プリインストールのランチャーメニューでは、アプリのアイコンも、プリインストールのものは、モノクロ二値でデザインされており、シンプルだがクッキリ、E-inkで見やすい表示になっているのだが、

KIMG0141.JPG

新たにインストールしたアプリは、元々カラーのアイコンを16階調のモノクロにディザリングして表示するため、プリインストールのアプリのアイコンと、全く違ったテイストで表示さる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ONYX BOOX C67ML」の初期設定 [電子書籍]

41A74pL1gPL._SY450_.jpg

Onyx BooxC67ML ファーストインプレッション:atelier SHIOYA:So-netブログ

書くのが遅くなったが、ヤフオクで1万円強で手に入れたE-ink搭載Androidタブレット「ONYX BOOX C67ML」の使用レポートを書いておきたい。

KIMG0073.JPG

本体付属品は全部揃っており、microUSBケーブル、マニュアル類などが付属していた。
本体はセンターボタン周りにテカリはあり、それなりに使った形跡はあるが、画面などに傷はない比較的綺麗な中古品だった。

それ以外に、オマケとして、専用ジャケット、専用クッションケース、中国や欧州で使われているTYPE CのACアダプタ、タッチペン、タブレットスタンドなどが同梱されおり、結構お得な買い物だったかもしれない。
ACアダプタは変換しないと日本では使えないが、普通にmicroUSBで充電できるので、特に不便はない。

早速タブレット本体は、専用ジャケットに装着。純正品なので、マグネット検知でカバーを閉じるとスタンバイになり、開くと再びアクティベートされる機能がある。

メモリカードは、32GBまでのmicroSDHCカードが使えるため、ストックを探した結果、32GBのmicroSDHCカードが1枚あったので、それを挿して使うことにする。

ONYX BOOX C67MLを注文しました^^; 快投乱打な雑記帳/ウェブリブログ

先に購入した方のレポートを参考に見ながら、早速、電源を入れてみよう。

KIMG0075.JPG

充電しながら電源を入れると、初期セットアップが始まるが、

2017-03-20 13.33.55.jpg

まずは言語の選択で、日本語の選択がなくて、ガッカリ(のちに問題解消)。取り合えず、読める「English」を選択して、設定を継続。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Amazon Drive」について調べてみた [クラウドサービス]

Amazonのクラウドサービス「Amazon Cloud Drive」については、MP3音源を購入したときに、それが「Amazon Cloud Drive」に格納され、参照できることぐらいしか、意識したことがなく、買ったMP3音源も、これまでiTunesにインポートして管理してきたので、正直、「Amazon Cloud Drive」は全く利用したことがないに等しかった。

Amazon Drive

今回思い立って、Webブラウザで「Amazon Cloud Drive」にアクセスしてみたら、いろいろ思っていたことと違う点があった。

Amazon Drive Photos

まず、名称だが、「Amazon Cloud Drive」ではなく「Amazon Drive」と表示される。世間一般的に「Amazon Cloud Drive」と呼ばれているものが、この「Amazon Drive」のことのようだ。

クラウドストレージの状況を確認すると、まず、一般ファイルと動画用に、既に10GBが割り当てられていることが分かった。

それとは、別に容量無制限のプライムフォトのエリアと、容量無制限のMP3ダウンロードストアのエリアがあり、さらに、Kindle Fireデバイスを持っているので、Fireデバイス用に、また別の無制限の写真用ストレージと、写真・ビデオ・ファイル用の5GBのストレージが割り当てられていて、それぞれ個別に利用できるらしい。

これだけ容量があれば、動画を除けば、ほとんどのパーソナルファイルは、写真も音楽も全部ここに放り込める人も多いだろう。

ただ、私は、現状、所持しているMP3ファイルだけでも既に200GBを越えており、最近は、まだ手元にあるCDを、無劣化のFLAC形式でもエンコードし直し始す作業を進めており、これらを加えるとさらにデータ容量は膨大になる。

なので、この程度の容量では話にならない。
やっぱり、有料プランを利用しないと、自分の音楽データをクラウドにバックアップするのは無理みたいだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Fire TV Stick」で「TVer」を見たい [ネット家電]

「Fire TV Stick」で、付属リモコンを使って、「TVer」の見逃し配信が見られる手段が、何かないだろうか、考えてみた。

Fire TVでTVerをテレビで観てみたよ。必要なアプリがいくつかあるよ。 | NURUMAYU ~こんな夜には温もれない~

まず、Android用の「TVer」アプリをインストールして、利用する方法について、こちらのサイトに記載されている。

ただ、この方法を使っても、「TVer」アプリは、「Fire TV Stick」付属のリモコンでは操作できず、Bluetoothマウスなどで操作する必要がある。これは、ソファーで大画面テレビを操作しながら「TVer」を見るという使い方にはあまり適さない。

【裏技】FireTVStickでテレビ番組視聴アプリ「TVer」を再生/表示する対処設定方法

こちらは、スマートフォンに「TVer」アプリをインストールし、その動画再生画面を「Fire TV Stick」にミラーリング表示する方法。これなら、一応ソファーに座りながら、スマホで操作して、テレビで動画を見られそう。
ただ、ミラーリングは、原理上画質が劣化するので、できれば、付属リモコンで操作して、「TVer」が見られる方法を探したい。

それを実現する一つの仮説としては、「TVer」は、パソコンのWebブラウザで見られるので、「Fire TV Stick」にも、動画再生が可能で、付属リモコンで操作できるWebブラウザがあれば、「TVer」が見られるかもしれない。

しかし、「Fire TV Stick」には、Webブラウザはプリインストールされていないし、マーケットにも公開されていないようだ。
Android TVでも、Webブラウザはプリインストールされていないが、一応、GooglePlayでは、Android TVで動作するWebブラウザは公開されており、そのブラウザで「TVer」サイトは、一応見られるから、「Fire TV Stick」の状況は、それより悪い。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

全天球360度ドライブレコーダー [乗り物]

我が家の車には、パイオニアのサイバーナビが取り付けられており、このカーナビにはドライブレコーダー機能があり、常にONにして使っている。

画質はVGAなので正直綺麗ではないものの、車載カメラなので夜間撮影には比較的強いし、低画質なので長時間録画が可能というメリットもある。

単体のドライブレコーダーは、サイバーナビを買った当時は、まだ数も少なく価格も高かったが、今や、HD動画が撮影できるドライブレコーダーが、1万円を切る価格でたくさん販売されていて、随分安くなった。

ただ、使用中のサイバーナビのドライブレコーダーでも、自分が事故に遭い、責任分担を決定せざるを得ないときなどには、VGA程度の画像でも証拠として、十分役に立つと思う。
たまたま、通りかかった場所で、犯罪の証拠に動画を求められた場合などは、もうちょっと解像度がないとナンバープレートも読めないだろうし、あまり役立たないかもしれないが。

なので、今まで、わざわざドライブレコーダーを買う気は起きていなかったのだが、こちらの商品を見て、ちょっと気が変わってきた。

sub3.jpg

ドライブレコーダー×全天周360度のカメラ「ダクション 360」 - ケータイ Watch

カーメイトが2017年1月下旬に発売すると発表した、ドライブレコーダー機能を備える全天周360度カメラ「d'Action 360」だ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感