So-net無料ブログ作成
検索選択

紙パック式掃除機・日立「CV-PC30」・その後 [白物家電]

紙パック式掃除機・日立「CV-PC30」を使い始めて、1ヶ月ほど経つが、気になった点をいくつか。

我が家では、掃除に「はぼき」を使っており、「はぼき」には様々な口径の掃除機で使えるようにアダプタも付いているが、「CV-PC30」に使う場合、どうも口径が中途半端で、アダプタなしだと細過ぎで、アダプタを付けると太すぎて、あまりぴったり来なくて困っていた。

ふと、「CV-PC30」に、純正オプション吸口用アタッチメントという部品がついていたことを思い出し、このアタッチメントに、アダプタなしの「はぼき」を挿してみたところピッタリちょうどいい。

ただ、「はぼき」もアタッチメントもプラスチック製なので、ねじ込んでもなかなかいい具合に固定できず、すぐに外れてしまう。

IMG_20170212_085953.jpg

そこで、写真のように「はぼき」に、厚めにラップを巻いて、その上にアタッチメントをねじ込んでみたところ、しっかり固定され、外れなくなった。
アタッチメント自体は、掃除機のホースにカチッとハマってロックされる機構があるので、これで、「CV-PC30」で「はぼき」が物凄く使いやすくなった。これは、オススメだ!

IMG_20170212_085921.jpg

ある程度使ったところで、紙パックの中を覗いてみたが、髪の毛が多いので、ホコリは全体的にもやもやと付いている感じで、電源コードを引っ張るときに自動でホコリを落とす機構は、あまり有効に動作しているようには見えないな。

また、早くも電源コードを戻す巻きバネの力が弱くなってきた気がするのは、いかがなものか。

それと、日立に限らないかもしれないが、回転式ブラシのパワーヘッドの欠点として、髪の毛や糸くずがブラシに絡みついて、なかなか取れなくなることがある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感