So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤマト運輸の値上げの余波は? [サービス]

3dc73028.jpg

ヤマト運輸、2016年末にも労基署から是正勧告 上限超える時間外労働で

ヤマト運輸が、労働基準監督署から、労働基準法違反で是正勧告を受け、ドライバーに、適切な休憩時間を取らせず長時間労働させていたり、サービス残業への賃金未払いが発覚したりと、Amazonの宅配を一括受注して以降、繁忙さに会社としてうまく対応できなくなっていたが、春闘などの話し合いも経て、抜本的対策に乗り出すようだ。

ヤマト、時間帯指定の配達を見直しへ 運転手の負担軽減:朝日新聞デジタル

クロネコヤマトの配達時間帯指定から「12時~14時」が廃止。再配達受付締切も前倒し - AV Watch

聞こえてくる噂では、ドライバーに対しては、

・過去にさかのぼってサービス残業分の残業代は支払う
・6月中より、昼休みのために、正午から午後2時までの配達しない時間帯を設ける
・6月中より、午後8~9時の時間帯指定を、午後7~9時に変更する
・4月24日から、当日の再配達受付の締め切り時刻が、セールスドライバー、サービスセンターに依頼する場合、20時から19時に変更。再配達自動受付は20時までが18時40分までに、インターネットでの受付は19時40分までが18時40分までに、前倒しされる。

といった対策を立て、ドライバーの負担を減らす模様だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3日間で3GB使える大容量プランの「ピクセラモバイル」 [モバイル]

r20_header.jpg

3日間で3GB使える大容量プラン!「ピクセラモバイル」登場 - ITmedia Mobile

ピクセラが、ドコモの通信網を利用した格安SIMサービス「ピクセラモバイル」を開始するそうだが、なかなか魅力的なプランとなっている。

月額1,980円で月のデータ容量制限なく利用することが可能で、下り最大262Mbpsで高速データ通信を利用することがでる。
上限は明確ではないものの、通信容量の制限を「3日間で3GB」としており、毎日午前1時に過去3日間のデータ通信量を計測し、その合計が3GBを超えていた場合、次の計測を行う翌日午前1時までの24時間は、200kbpsの速度制限が行われるそうだ。
フルにパケットを使えば、月に30GBまで使えることになる。

月に30GBというと、他のMVNO事業者のプランだと、月額5,000円前後するので、月額税別1,980円というのはかなり安いと言える。

また、LTE対応のUSBドングル「PIX-MT100」とのセットで契約すると、月額1,480円で利用可能な割引プランも用意されている。

LTE対応USBドングル PIX-MT100 | 株式会社ピクセラ

この「PIX-MT100」は、Wi-Fiアクセスポイント搭載とのことで、モバイルバッテリーなどでUSB給電してやれば、モバイルWi-Fiルータとしても使えるようなので、使い道は広い。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この「5時間プラン」ならWiMAX2+の代わりになるかも [モバイル]

モバイルWi-Fiルータで、パケットを安くで使い放題にしたいなら、WiMAX2+サービスの中から探すしかない、というのが、これまでの結論だったが、nuroモバイル(旧So-netモバイル)から、思わぬ伏兵が出てきたみたい。

1485479794432.png

nuroモバイルの時間プランが画期的すぎる/詳細比較まとめ | ドコモ情報裏ブログ

MVNOサービス「nuro モバイル」が、1日5時間だけ高速通信が可能な「5時間プラン」の提供を、2017年2月1日より開始した。

従来のMVNOプランは、すべてパケット量で料金が決まっていたが、このプランは、パケット量ではなく時間で決まるのが新しいところだ。

料金は月額税別2,500円で、+700円で音声通話の利用も可能となる。

「5時間プラン」は、最大375MbpsのLTEの高速通信を、1日5時間までは無制限で利用できるプランとのこと。
通信時間のカウントは、完全な自動制御となっており、音楽や動画のダウンロードなど、一定量以上の通信が必要な場合に自動で、高速通信に切り替わり、通信が途絶えると、高速通信状態も終了する。
高速通信状態が終了したり、制限の5時間を過ぎると、200kbpsの低速通信を行うらしい。
また、一日5時間の速度制限に達したとしても、翌日はまた復活して、5時間、高速時間が使えるようになる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アップルは、とうとうやることがなくなったのか? [タブレット端末]

ipad1.jpg

9.7型の新iPad登場。A9チップ搭載で32GB 37,800円、128GB 48,800円 - AV Watch

アップルが、3月21日に、9.7型の新iPadを発表し、同時に、iPad miniやiPhone SEのラインナップ変更、iPhone 7の新カラーなどを一斉に発表した。
これまでなら、それぞれ別の時期に新製品を発表してきたような製品系列なのに、一斉に発表するとは!と思いつつ中身を見て見ると・・・

まず、新型iPadは、9.7型のiPad Proの後継機種だが、機能や性能より、まずは価格が一番の訴求点のようだ。

直販価格でWi-Fi版の32GBが37,800円、128GBが48,800円。Wi-Fi+Cellularは32GBが52,800円、128GBが63,800円で、32GBが66,800円、128GBが84,800円~だったiPad Proより、大幅に値下げされている。アップルにしては珍しいことだ。

もっとも、世の中には、iPad Proと同じディスプレイサイズで半額以下のAndroidやWindowsのタブレットが溢れており、iPadのシェアに陰りが出ていたので、これは当然の施策とも言える。

カラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイ。

CPUは64bitのA9プロセッサとM9コプロセッサにアップグレードされたが、ついに、かなり無理やり感があった「従来機種より何倍速い」という表現はしなくなった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ファーウェイのモバイルWi-Fiルーター「E5577」 [モバイル]

ファーウェイ・ジャパンが、4月7日から、SIMロックフリーのモバイルWi-Fiルーター「HUAWEI Mobile WiFi E5577」を発売するのだが、これがなかなかコストパフォーマンスが良さそうだ。

33406-1.jpg

ファーウェイ、Wi-Fiルーター「HUAWEI Mobile WiFi E5577」を4/7発売―モバイルバッテリー機能付き・対応周波数

サイズは、96.8×58×17.3mmでコンパクトだが、厚みがあり、約112gと見た目より重く感じるかも。
ただ、この厚みに3,000mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、LTE通信時の連続待受時間約600時間、連続通信時間約12時間(公称値)を実現している。
さらに、別途USB On-The-Go(USB OTG)ケーブルを用意すれば、スマートフォンなど別のUSB機器に給電できるモバイルバッテリー機能もある。

モバイル通信の対応通信規格・通信周波数帯(Band)は以下の通り。

・FD-LTE:Band 1/3/5/7/8/19/20
・W-CDMA:Band 1/2/5/6/8/19
・GSM:850/900/1800/1900MHz帯

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感