So-net無料ブログ作成
検索選択

最近、中古のiPhone 6の値下がりが激しい [スマートフォン]

61EEGKiNO-L._SL1054_.jpg

中古iPhone 6の販売価格が2万円台に 5sから首位奪還も近い?――ゲオ1月編 - ITmedia Mobile

白ロムのスマホを扱うゲオで、ドコモとKDDIの「iPhone 6」の良品の価格が税別29,800円まで下がり、iPhone 5sとの価格差があまりなくなっているという。
12月時点での価格はドコモ版が44,800円、au版が39,800円だったというから、1月になってから一気に下がった形だ。

何が原因なのだろうか?と思い、調べてみたが、よく分からない。

iPhone 6の64GBモデルが税抜き24,800円、本体のみの中古品 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

iPhone 6 Plusの64GBモデルが税抜き29,800円でセール中 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

また、ソフマップでも、Bランク品以下の64GBのiPhone 6が、税抜24,800円、Bランク品以下の64GBのiPhone 6 Plusが、税抜29,800円で大量に入荷し、特価販売された。

iPhone6Sや6の急激な買取価格の暴落について:au下取りやヤフオクなど

買取価格自体も暴落しているという状況からも、iPhone6/6Sの中古が市場でダブついている様子が伺えるが、明確な原因を掴めている人は少ない模様。

急げ!SIMフリーiPhoneシリーズが値下げ!今が一番お買い得! | SIMチェンジ

まさかの展開 docomo版iPhone6の価値がau・SBを下回り始める : 白ロム転売法

こちらによれば、昨年6月末から続くドコモのiPhone6/6 Plusの安売りセール継続による白ロムの流通量増加・ショップ在庫過剰が原因ということだが、それにしては劇的過ぎるし、auも下がっている理由が説明できない。

それだけではない気がするな。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感