So-net無料ブログ作成

紙パック式掃除機・日立「CV-PC30」をしばらく使ってみて [白物家電]

IMG_20170129_182044.jpg

日立の紙パック式掃除機「CV-PC30」を、早速、毎日のように使い始めている。
平日は奥さんが、週末は自分が使うことが多いが、今のところ、大きな不満はない。
奥さんも、本体が少し重く感じるものの、ヘッドは2階用の安物より圧倒的に使いやすいとのこと。

吸引力は数値上、以前使っていた「CV-SW20」より強くなっているはずだが、カーペットやマットの吸い付きにくさは以前通り。
また、「CV-SW20」に比べ、吸い込む方向も四方に拡大されたため、ごみ・埃の取れ具合は、よくなった気がする。
特に、壁際や、部屋の隅のような場所のゴミに強くなった感じだ。

この辺のヘッドの良さは、日立の伝統みたいな気がする。

ただ、「CV-SW20」よりわずかにヘッドの高さが高くなったようで、以前ならぎりぎり掃除できた家具の下のスペースで、ヘッドが入らなくなり、掃除できなくなった場所ができてしまったのは残念。今のところ不満といえばこれぐらいかも。

騒音もパワーが上がった割には、「CV-SW20」とさほど変わらない気がする。元々、決して静かな掃除機ではないが。

また、本体サイズや重さも、「CV-SW20」とほとんど変わらないので、取り回しは良くも悪くもなっておらず、時々動きが悪いな、と思って振り返ると、本体横転していることはよくある。

紙パックは、まだ捨てるほど貯まっていないので、捨てやすさについては分からないが、パック自体は、互換品が使えることが分かり、ホッとしている。

電源コードを巻き取る強さは、今のところ大丈夫だが、どの程度早くヘタるかは、現時点では分からない。
「CV-SW20」は結構早くヘタったのだが、これが「パック チリ落とし機構」のせいかもしれず、だとすると「CV-PC30」も早くヘタる可能性はある。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感