So-net無料ブログ作成

掃除機の買い替え機種の選定 [白物家電]

故障した日立のサイクロン掃除機「CV-SW20」は、修理しても1万円以上かかる可能性が高く、約2万円で買ったことを考えると、掛かり過ぎに思えるため、結局、買い替えることにした。

買いたい商品の条件としては、

・最近日立に対する信頼を失いつつあるため、できれば日立以外のメーカーを選びたい
・「CV-SW20」は似非サイクロンというべき方式だったので、今回は奥さんの希望で本格的なサイクロン方式を選びたい
・「CV-SW20」は約2万円だっらが、2万円では本格的なサイクロン方式は買えないと分かったので、予算は最大3万円前後で

ということで、探し始めたが、ダイソンはさすがに高過ぎて、手が出ない。
国産だと、東芝が、最もダイソンに使い方式のフィルターレスサイクロンということで、評判がいいようだ。
次がシャープという、既に家電は外資になってしまった2社がくる。
ただ、シャープは、1万円強のローエンドクラスの評価は高いが、中位モデル以上はさほどでもない。
続いて、日立とパナソニック。
日立は、値段が安い。サイクロンとしては簡易的だが、ヘッドなどの優秀さで吸引力などはリカバリーしている感じ。
パナソニックは、フィルターレスの機種はあるが、あまりサイクロンに力を入れていない。ミッドレンジの機種がなく値段も割高。

toshiba-vc-s500-v-1.jpg

東芝 トルネオV VC-S500の比較と評判 | サイクロン掃除機比較NAVI

東芝だと、フィルターレスではローエンドになるトルネオV「VC-S500」が、昨年の旧モデルだが、2.6万円ぐらいで買えて、性能的にも悪くなさそうだ。
予算内だと、この機種が第一候補になりそう。

000071753.jpg

次に気になるのが、シャープの出たばかりの新モデル「EC-P8X」。機構的にはダイソンに近いフィルターレスサイクロンで、2.5万円前後で買える。
さらには、ヤマダ電機では平積みになっていて、価格もポイント還元を考慮に入れれば、ネット通販より安いぐらい。
発売されたばかりで、あまりまだレビューがないので手を出すのに不安があるが、レビューでの評価次第では、「EC-P8X」の方がいいかも。

ただ、ふと壊れた「CV-SW20」を廃棄することを考えていたら、あまりにもったいないことに気付いた。

というのも、この製品には「クルッとブラシ」「すき間用吸口ホルダー」などの便利な吸い口が付属していた上に、後から、電動ふとん用吸口「G-DF1」まで購入してしまっており、他のメーカー品に乗り換えたら、これらが全部使えなくなってしまうのだ。

日立の掃除機のミッドレンジクラス以上は(他社もそうだと思うが)、ホースやパイプや吸い口の接続が標準化されているため、たとえ新しいサイクロン方式に乗り換えても、これらの吸い口はそのまま使える。

さらに言うと、ホースやパイプさえもそのまま流用できるので、過去にも日立の掃除機を捨てるときは、ホースやパイプは捨てずに残し、ホースが破れたり、内部断線したときに、ストックのホースを再利用して、寿命を延ばしたりもしたことがあるのだ。

そう考えると、やっぱり日立の掃除機を買った方が、トータルでは長く使えそうな気がしてくる。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電力会社の都市ガス小売り参入について [エネルギー]

2017年4月からの都市ガス小売り自由化のスタートに伴い、大手電力会社が都市ガスの小売りに参入するのは確実と見られているが、少々意外なものも含めて、いくつかのニュースが出ているな。

東電HD、都市ガスに参入へ…値下げ競争本格化 | 経済 | ニュース | So-net

まず、東京電力ホールディングス(HD)が、関東で、家庭向け都市ガス販売に参入するのが、2017年4月ではなく、後れて7月になるという。
なぜ、そこまで遅れるのかは謎だが、電力とのセットによる割安な価格で販売する見込みとのこと。
販売は、東電HDの子会社「東京電力エナジーパートナー」が担い、初年度の契約目標は4万件とのことだ。

東電は、火力発電の燃料として、東京ガスの2倍も輸入しているLNG(液化天然ガス)の一部を家庭向けガス事業に転用することで、小売りだけでなく、供給側にも参入し、コスト削減を図る。

東電、都市ガス製造へ 50億円投じ千葉に自前設備  :日本経済新聞

さらに、東京電力ホールディングス(HD)は、50億円程度を投じて千葉の姉崎火力発電所内に熱量調整(熱調)設備を新規に導入し、自前で都市ガスを一貫生産できる体制を整えるそうだ。
コスト面では、東京ガスより、東京電力の方が有利な立場にあるのは間違いないようで、どの程度の値下げをしてくるのか期待して待ちたい。

東京ガスとしては、家庭向けのガス会社への卸供給も強化すそうで、

東電系、日本瓦斯の都市ガスを独占供給  :日本経済新聞

早速、電力販売でも提携しているLPガス大手の日本瓦斯(ニチガス)にも、都市ガス事業で連携し、2017年4月以降はニチガスが販売する都市ガスを、東京電力エナジーパートナーが独占的に供給するらしい。

個人的には、何故、東京電力の都市ガス参入が7月まで遅れるのか? その理由が知りたいところ。
ニチガスには、4月から都市ガスを供給すると言っており、ガス自体が供給できない訳ではなさそうなのだが。

東京電力、都市ガス自由化でシェア1割獲得へ - スマートジャパン

ニチガスは、東電と合計で2019年度までに市場シェアの1割に相当する100万件の顧客獲得を目指す方針だそうで、「これまでの既存の料金より3~10%安い価格で提供していきたい」とのことで、期待だな。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「空飛ぶ自動車」はもう夢の世界ではないらしい [乗り物]

空飛ぶ車 AeroMobil は2017年に一般販売。予価は「最低」数千万円以上 - Engadget 日本版

スロバキアのAeroMobilという会社が、2017年に、空飛ぶ車「AeroMobil」を一般販売するという。

1990年からコンセプトデザインと試作を繰り返し、2013年に初飛行を果たし、2014年10月には将来の市販版に近いというバージョン3.0を公開しているということで、きちんとしたステップを踏んで開発をしており、これは本当に商品が出てきそうな雰囲気だ。

予価は最低でも数千万円以上ということで、当初は高級スポーツカーを複数台所有したり、趣味で自家用機を飛ばすような富裕層をターゲットに限定台数のみを生産し、ブランドの確立を狙うという。

誰もが買える商品ではないが、それでもSFの中にしか出てこない空想の乗り物が、今年現実のものになるということは、夢のある話で面白い。

am_foto_01.jpg

「AeroMobil」は折りたたみ式の翼を備えており、翼を挟んだ状態で自動車として走ることができる。

am_foto_02.jpg

飛びたい場合は、翼を広げれば、道路から短距離で離着陸もできる飛行機になるというが、パッと見には、自動車よりは飛行機に近い。乗用車並みのタイヤを備え、普通の乗用車並みに走れる小型航空機というイメージか。

主な仕様は自動車モードの最高速度160km/時、飛行モードで200km/時。自動車モードの全幅2240mm、飛行モードの翼幅 8320mm。全長6000mm。離陸距離 300m以下、着陸100m以下。パイロット込み2人乗り、離陸時重量 600kg以下など。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

参った!メインの掃除機まで壊れてしまった [白物家電]

年明け早々、掃除機が壊れた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

年明け早々、2階用のサブの掃除機が壊れたことを、以前書いた。
こちらは、日立製の紙パック式で、1万円もしない安物だったし、使い始めて10年以上経っていたので、まあ寿命だろうな、と諦めがついたし、パナソニックの掃除機をストックに買ってあって、すぐに交換できたので、特に問題はなかった。

CV-SW20-c9c94.jpg

日立のサイクロン掃除機「CV-SW20」が届いた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ところが、先日、1階の掃除に使っているメインの掃除機「CV-SW20」までが、突然、ある朝、電源が入らなくなった。
とりあえず、2階用のサブの掃除機があるので、そちらを使って凌いではいるが、「CV-SW20」に比べて安物なので、ヘッドの自由度が効かず、マットなどが吸い付いてしまうので、奥さんにとって物凄く使いづらいらしく、早く対策してほしいみたい。

週末に、電源コードや、ホースの接点、ごみフィルターなど、色々確認してみたが問題なさそうなのに、ウンともスンとも言わず、全く動く気配なし。
症状からして、どこかの断線にも見えるのだが、本体に緊急用の電源スイッチはないタイプのため、原因がホース側なのか本体なのかも判断がつかない。

本体からホースに出ている2本の接点がスイッチをショートして、動けばホース側の断線である可能性が高いらしいので、試しにショートしてみたが動かず。となると原因は本体側らしい。万策尽きてしまった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

量子コンピュータって実用になるんだ [科学技術]

わかりやすい量子コンピュータ - NAVER まとめ

量子コンピュータについては、従来のシリコンチップベースのコンピュータに代わる新たなコンピュータアーキテクチャであり、量子力学的な原理を利用して、量子ビットで1ビットの情報を扱う「量子ゲート」を実現し、それをベースに量子計算機を構築したものだそうだ。
1990年代にその原理が発表されたが、2000年代に入り、様々な方法による実装に、実験レベルでは成功したことまでは知っていたが、実用化という意味ではまだまだ先の技術だと思っていた。

img_5.jpg

D-Wave、”GeForce GTX 1080比で1万倍高速“な量子コンピュータ「D-Wave 2000Q」 ~量子ビット数が前製品から2倍に - PC Watch

それが、1月24日、カナダD-Wave Systemsから、量子コンピュータ「D-Wave 2000Q」の商用利用提供開始が発表されたというニュースに驚いた。
この分野は不勉強で全く知らなかったのだが、D-Waveは量子ゲートによるコンピュータではなく、「量子アニーリングによる最適化計算に特化した専用計算機」とのことで、利用分野が限定された計算機ではあるものの、それでも今の時期に商品化できたのはびっくりだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感