So-net無料ブログ作成
検索選択

ガラホ向け料金プランが各社値下げ [携帯電話]

月額1200円の通話定額、ドコモがLTE対応フィーチャーフォン向け料金 - ケータイ Watch

NTTドコモが、LTE対応のフィーチャーフォンの発売にあわせ、2年縛り付きの場合月額1200円(税抜)で、1回あたり5分以内の通話がかけ放題になる「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」と月額300円~の段階制パケット定額プラン「ケータイパック」を発表した。

パケット定額の「ケータイパック」は、300円で約10MB、その後1KBあたり0.03円で課金され、月間通信量は最大2GBで上限額が4200円となる。ただし、ドコモ回線を15年以上契約しているユーザーは、「ずっとドコモ割」で、上限が3900円になる。

最も安く済ませようとすると、「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」の1200円、「ケータイパック」300円、spモード使用料300円の合計月額1,800円(税別)が、ガラホの月額利用料金の最低ラインとなる。

3G対応のガラホは、FOMAのプランがそのまま利用できたため、例えば、iモードメールを使い放題で月額1043円(税別)のプランを利用できましたが、フィーチャフォンからの乗り換え用にと考えると、随分高くなってしまう印象でした。
それでも、auやソフトバンクのガラホ用プランに比べれば少し安かったのですが、ドコモの新プラン発表に反応して、早速auとソフトバンクから対抗プランの発表がありました。

【速報】auがガラホ新料金プランを発表、月額1500円から&すべてのユーザーがドコモより割安に - エキサイトニュース

まずは、auから発表されたプランは、ほぼNTTドコモのプランを踏襲しながら、パケット料金が月額0~4500円と、パケットを使わなければ無料となる料金体系にしてきました。
しかも、パケットは0.5MBまで無料なので、短いテキストメールのみであれば、無料で済む人もあるかもしれません。
このため、ドコモより300円安く、月額1,500円(税別)が、ガラホの月額利用料金の最低ラインになる。
ただし、月間通信量が最大2.5GBに増える代わりに、逆にパケットの料金上限は、ドコモより300円アップしている点は要注意かも。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋葉原でいくつかの買い物 [ショッピング]

上海問屋でハイレゾ対応イヤホン購入したついでに、いくつかジャンク屋などを巡って買い物をしたので、そのご紹介。

IMG_20161013_215347.jpg

Winic Corp.'s on Taiwan's Largest ICT B2B Marketplace - computex.biz

まず、上海問屋で、「LTU31-V028」という型番のUSB-C to 4 port USB3.0 HUBを、税込500円で購入。
しかし、上海問屋で「LTU31-V028」という型番を検索しても引っかからない。

上海問屋 DN-13168 USBハブ Type-C(オス)⇔Type-A(メス)4ポート USB3.0対応 |ドスパラ通販【公式】

探すと、どうやらこの「DN-13168」という型番が、「LTU31-V028」と同等の商品らしく、税込1,499円で売られている。
買った商品のパッケージには、この型番はなく、「LTU31-V028」という型番はネットで検索すると、Winic Corp.というメーカー名で海外のお店では売られている。

これから想像するに、今回購入した商品は、上海問屋ブランドで「LTU31-V028」を販売する前に、試験のために少量輸入した「LTU31-V028」を、アウトレットで販売したのだろう。

この製品、新しい規格のUSB Type-C端子に繋いで、標準のUSB 3.0端子4ポートに変換するハブで、バスパワードで動く。

Type-C端子は、USB3.1で新たに規定されたリバーシブルでコンパクトな端子で、USB 3.0を搭載したスマホやタブレットでは、これまでのmicroUSB端子に代わって、今後の標準の端子になると思われる。現実に、ドコモなど大手キャリアのこの秋のスマホの新製品は、多くがmicroUSBではなく、Type-C端子を採用している。

私自身は、USB-C端子を備えたスマホやタブレットはまだ持っていないので、現状全く使い道はないのだが、普通に買うと1,499円する商品が500円だったので、将来使うだろうということで、つい手を出してしまった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上海問屋でハイレゾ対応イヤホン購入 [ポータブルオーディオ]

上海問屋から、1,999円のハイレゾイヤホン発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

出張で秋葉原近辺に行く機会があったので、以前、このブログでもご紹介した上海問屋のハイレゾ対応イヤホン(DN-913577)を購入した。

IMG_20161013_215517.jpg

ハイレゾ対応 10mmダイナミックドライバ搭載イヤホン (913577)の通信販売【上海問屋】 | 上海問屋

価格は、税込みで2,999円だった。

10mmという比較的大口径のダイナミックドライバを搭載しているせいか、低音も割と伸びていて、バスドラムやオルガンの再現性もなかなかのもの。
ベースなどの100Hz前後は無理にレベルを上げておらず、一方、多分50Hzぐらいまではフラットに伸びており、ただ、それ以下はほとんど出ていない感じか。
高音についても、ハイハットの音域を強調して目立たせるような小細工もなく、フラットに伸びていて非常に素直。
打楽器の残響なども自然に再現できるのが分かり、フラット指向で、なかなかの優等生だと感じた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPhone 5を「iOS 10.1」にアップデート [スマートフォン]

20161027_222906_HDR.jpg

アップル、最新の「iOS 10.1」をリリース--Apple Payや“ポートレートカメラ”に対応 - CNET Japan

「iOS 10.1」がリリースされたので、白ロムのiPhone 5をアップデートした。

今回の更新内容は、決済サービス「Apple Pay」や、iPhone 7 Plusのカメラ用の新機能追加、マップやメッセージアプリの改良、Apple Watchとの連携機能の改良などがメインで、正直、iPhone 5でのメリットはあまりない。
個人的にメリットがありそうなのは、マップの改良ぐらいか。
ただ、なんでマップの改良がOSのアップデートなのか? アプリ単体でアップデートしてくれれば済む話なのに。

しかも、「iOS 10」以降、更新後に明らかにiPhone 5の動作が重くなった。
iOSの常駐メモリ量が増え過ぎて、iPhone 5では、操作レスポンスの低下を招いているようだ。

インストールされているアプリで、起動はするもののすぐに落ちてしまうアプリもいくつか出ており、正直、アップグレードして失敗したと思った。

しかし、バックアップも取っていないし、もう戻せないので仕方ない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ASUSが6.8型スマホ「Zenfone 3 Ultra」を発表 [タブレット端末]

巨大SIMフリースマホ「P8max」を使うと、大画面のありがたみがよく分かる - 日経トレンディネット

6.8型画面のスマホというと、以前「Huawei P8max」という製品をご紹介したが、その対抗馬とも言える大画面スマホ「Zenfone 3 Ultra」がASUSから発表された。

ただ、これをスマホと呼ぶのは抵抗があるサイズであり、タブレット端末と呼ぶ方がふさわしいし、通話可能なのでファブレットでもいいのだが、いずれも今、人気がない製品ジャンルなので、敢えてそう呼びたくないのだろう。

Zenfone3-ultra-768x979.png

ASUSが6.8型スマホ「Zenfone 3 Ultra」発表。Xperia Z Ultraの後継となるか?

「Zenfone 3 Ultra」は、6.8インチで1920×1080ピクセルのフルHD解像度のIPSディスプレイを搭載し、179mm×92mm×6.5mm、233gという軽量コンパクトなタブレット端末だ。
「P8max」が、182.7mm×93mm×6.8mmで、228gだったのに比べると、「Zenfone 3 Ultra」の方がわずかにコンパクトで薄いが、わずかに重い。
特に、横幅92mmの狭額縁は、日本が片手持ちしながら、電子書籍を読むこともできる幅であり、魅力を感じるな。

OSはAndroid 6.0で、SoCはSnapdragon 652(1.8GHz, オクタコア)、メインメモリが最大4GBで、内蔵ストレージが最大128GBといった基本スペックに関しては、製品が新しこともあって「P8max」を完全に上回る。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感