So-net無料ブログ作成

「HTC U11 601HT」が届いた [スマートフォン]

スポンサードリンク




ソフトバンク版「HTC U11 601HT」は既に届いて、使い始めている。
レポートを書くのが遅くなってしまったが、気付いたことをまとめて書いておきたい。

ソフトバンク版「HTC U11 601HT」のスペックをおさらい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

郵便局からの「HTC U11 601HT」の本人限定の受け取りで、「HTC U11 601HT」が届いた。
受け取りには、届いた受け取り通知と、免許証などの身分証明証が必要だった。

写真 2018-05-12 11 27 02.jpg

さて、届いた「HTC U11 601HT」の箱はこんな感じで、Rが付いた凝った箱だ。

写真 2018-05-12 11 29 07.jpg

開梱すると、本体以外に、マニュアル類、USB Type-C端子 to 3.5mmデジタルジャックアダプタ、SIM取り出しピン、USB Type-C接続ハイレゾイヤホン、替えイヤーパッド、ハードクリアケースと、最近の機種にしては付属品が盛りだくさん。

ただ、Quick Charge 3.0対応のACアダプタと、USB Type-Cの充電・通信ケーブルは付属しないので、別途買う必要がある。
専用の充電スタンドのようなオプションは、別売でも用意されていないようだ。

この製品、スペック表から見落としていたのだが、本体と同梱品を見て、イヤホン用のミニジャックがないことを知った。
すべてはUSB Type-C端子を使うため、ミニジャック変換ケーブルも付属、ハイレゾ対応イヤホンも、USB Type-C直結という特殊なタイプが付属する。
ただ、最近は、Bluetoothイヤホンばかり使用しているので、有線イヤホンは煩わしく感じてしまう。多分、Bluetoothイヤホンをメインに使うことになると思う。

付属のクリアハードケースは、保護のフィルムを剥がすと、何かノリみたなものが残り、完全にはクリアではないのが、さすが中国製。洗えば取れるんだろうけど。
また、残念ながらストラップホールがない。ただ、それだけが理由で使わないのももったいないので、自分で穴を開けてストラップを取り付ける予定だ。

さて、普段はお店で、MNP移行するので、その場で店員が手続きを行ない、持ち帰るときには以降は完了しているが、通販でMNP移行するのは今回、初体験で、どのタイミングで移行が完了するのかがよくわからなかったが、詳しい説明書がついてきたので、よく分かった。

届いた時点では、まだauが生きている。

「HTC U11 601HT」に同梱された説明に従い、auの電話機などで電話機切替窓口に電話し、ガイダンスに従い、電話番号や暗証番号を入れる。
auの電話機の電源を切り、10分ほど経ち電源を入れ直したときに、no carrior状態であれば、「HTC U11 601HT」の電源を入れて、ソフトバンクからの開通メールが届いていることを確認して、手続き完了。

ここで、ようやくMNPの移行が完了したことになるらしい。

Android⇒Androidの一番ラクチンなデータ移行方法 ? 機種変更などの端末入替はGoogle純正の『Google設定』内の移行ツールが便利 ≫ 使い方・方法まとめサイト - usedoor

さて、ここからは、auのSHV32からの環境移行手続きを行っていく必要があるが、最近のAndroidはアプリの移行も簡単になったので、

AndroidからAndroidへデータを移行|google管理と端末固有に分けて解説

「モバイルSuica」ほか、おサイフケータイのデータを引き継ぎ 【スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法-最終回-】

それより大変なのは、各アプリ個別のアカウントの再設定や移行だったり、電子マネーなどの移行だろう。

一気にやるのは大変なので、まずは必要最小限の移行を行ってから、徐々によく使うアプリやサービスから移行を進めたい。

伝言メモが使えないスマホで無料の留守番電話機能を実現する方法(FREETEL SIMの場合)

それと、伝言メモ機能がないので、こちらの代替手段も早く申し込んで、使えるように設定しないといけないな。

ということで、まずは今回はここまで。
今後の設定関係については、また別途進めながら、気になる点があればレポートしたい。

ソフトバンクに乗り換え!他社からMNP 違約金0円に|おとくケータイ.net [公式]

ちなみに、今回利用したソフトバンク代理店の通販サイト「おとくケータイ.net」だが、ネットだけで手続きを完結させることに一抹の不安もあったのだが、手続きはしっかりしたWebフォームで全てできてしまうし、不明点を質問しても返答が早くて的確。
契約時に、余計なオプションをつけなければいけないのは、こうしたお得なショップの常だが、それに関しても、利用開始した日が何月何日であれば、即日解約していいオプションはこれで、何月何日に何を変更すれば、あとはお得なプランで利用できる、といったことまで具体的にメールで教えてくれて、とても分かりやすかった。
今回の特別キャンペーンを除いて考えても、良心的なお店だなぁ、と思った。

忙しかったり、近くにショップがない場合、「おとくケータイ.net」の利用は便利かもね。

関連記事:
ソフトバンクモバイルの料金プランを再確認:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
ソフトバンク版「HTC U11 601HT」のスペックをおさらい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

601HT ブリリアントブラック SoftBank HTC HTC U11 新品...
価格:47980円(税込、送料無料) (2018/5/15時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。