So-net無料ブログ作成

ソフトバンク版「HTC U11 601HT」のスペックをおさらい [スマートフォン]

スポンサードリンク




本日、手続きが完了し、auからソフトバンクの「HTC U11 601HT」へのMNP移行が確定した。
ここから、2年間は、ガラケー時代以来久々に、ソフトバンクユーザーとなることになった。
あとは、端末が届くのを待つだけだ。

images.jpg

HTC U11 | スマートフォン | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

使い始める「HTC U11 601HT」について、スペックをおさらいしておきたい。

・1440×2560ドット(WQHD)約5.5インチの液晶ディスプレイ
・最新のハイエンドSoC「Snapdragon 835」(オクタコア)を搭載
・IP6/7等級の防水とIP6X等級の防塵仕様
・FeliCa/NFCポートを搭載し、おサイフ機能搭載
・4GBのRAM
・64GBの内蔵ストレージ
・最大256GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロット
・Android 7.1搭載だが、Android 8.0にアップグレード可能
・無線LANは、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac対応
・Bluetooth 5.0搭載(Android 8.0アップグレード時有効)
・USB Type-Cポート(QuickCharge 3.0およびUSB3.1 Gen1)搭載
・テレビチューナーは非搭載
・別売の専用端末「LINK」とUSB接続すれば、VR映像が楽しめる
・ハイレゾ対応DACを搭載し、ハイレゾ対応イヤホンが付属
・ノイズキャンセリング機能
・スピーカーは上下に2箇所あり、高音質を実現
・メインカメラは1200万画素、インカメラは1600万画素
・サイドを強く握ることで各種動作を設定できる「エッジセンス」機能
・3Dガラススクリーンを採用し、左右エッジレス構造
・カラーは、「アメイジングシルバー」「ブリリアントブラック」「アイスホワイト」の3色
・サイズは、H154×W76×D8.3mmで、重さは約170g
・バッテリー容量は、3,000mAh

「Xperia XZs」に比べ、SoCもディスプレイも、ストレージ容量も、ワンランク上。
スペック上ユニークなのは、リアカメラより、自撮り用のフロントカメラの方が解像度が高いこと。

「Xperia XZs」と比べて劣るのは、リアカメラの解像度・性能と、テレビチューナーを搭載していないことぐらいだが、これも好み次第で、私はチューナーは要らないし、カメラの画質も一定レベルに達していればあまり気にしない。

なので、前回説明したように、一番困ると思われるのが、伝言メモ機能がないことだ。
また、ストラップホールがないことも、地味だが困る点。

スマホって伝言メモないの? 基本料無料で 伝言メモ / 留守番電話 をつくる方法。:でじたるグラス:So-netブログ

ただ、伝言メモは、代替手段があることはあるし、昔、この方法、HTC EVOで使ったこともある。
ストラップも、ストラップホール付きジャケットを購入すればいいから、何とかなるだろう。

現在使用中のau SHV32は、バッテリーがもう限界で、バッテリー残量が50%からあっという間にシャットダウンということもよくあり、早く「HTC U11」が来ないかな。

関連記事:
ソフトバンク移行は、残念ながら「HTC U11」に変更:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

601HT ブリリアントブラック SoftBank HTC HTC U11 新品...
価格:47980円(税込、送料無料) (2018/5/6時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。