So-net無料ブログ作成

奥さん用に「アネロ」の口金リュックを購入 [日用雑貨]

スポンサードリンク




私が街歩き用のリュックを買ったのに触発されたのかもしれないが、

Brands-Post-Content-Logo-200x200px-HiRes-ANELLO.png

日本発バッグブランド「アネロ」大阪・心斎橋に初の旗艦店、人気“口金リュック”限定モデルも - ファッションプレス

先日、外国人がよく買い物をする人気店を紹介していて、その中に、大阪・心斎橋にある「アネロ」というブランドの旗艦店が紹介されていたのだが、奥さんが「これ、欲しい!」というバッグがあり、早速購入することになった。

91FJ+pKpGlL._UL1500_.jpg

それは、通称「口金リュック」と呼ばれているバッグで、ガマ口の財布のように、上に大きく開くファスナー開口部があるのが特徴のリュックサックだ。
物の出し入れが便利なため、学生や子育て中のお母さんに人気があるとのこと。

いま外国人観光客に大人気の “anello” って知ってる?

海外でも、ドラマの中で使われたことから知られ、価格も手ごろで機能性にも優れることから、東南アジアなどでSNSで拡散され、人気ブランドとなっているらしい。
今では、大阪・心斎橋にできた旗艦店に、海外の観光客が押し寄せる状態となっているそうだ。

奥さんの場合、自転車または徒歩で仕事に行くのに、手で持つトートバッグを使っていたのだが、それよりリュックの方が便利なのだそうだ。

早速、ネットで検索すると、値段は2,000円台からあり、一番高いものでも6,000円ぐらいと安い。当然、製造は中国だ。
それでも、「日本で売れている」というのが最近の価値判断基準になっているらしく、それならどこの国の製造であっても高品質だ、ということになり、東南アジアなどでは人気らしい。

ただ、検索すると主に材質とデザインの違いにより、たくさんのバリエーションがあるようで、どれを買うか選ぶだけでも大変そう。
また、安くても偽物だったら嫌なので、今回は、Amazonの公式ショップで購入することに。

レビューを読みながら、結論として、こちらの合皮製のリュックを購入した。

91yfGcduaaL._UL1500_.jpg

Amazon | [アネロ] anello 公式 合皮口金リュック AT-B1211 BK (ブラック) | anello(アネロ) | タウンリュック・ビジネスリュック

「リュック 合皮口金リュック大「AT-B1211」というモデルで、メイン素材はポリエステルで、表地は合成皮革。
サイズは27x17x40cmで、ちょうどA4サイズの書類が入るサイズで、マチは深め。
重量は、合皮ということもあり、やや重めの812gだが、丈夫だとの評もあり、これを選択した。

奥さんの場合、仕事に行くのは、晴れの日は自転車、雨の日は徒歩なのだが、自転車に乗るときには、バッグを前かごに入れ、盗難防止用のネットを張って乗っていたそうだ。

リュックだと、そんな手間は不要で、リュックを背負ったまますぐに自転車に乗り込めるので時間の節約にもなる。

雨の日も、バッグと傘を持つのが面倒だったが、リュックなら傘を持っても片手が空くので、安全だという。

これまでも、小さなリュックは持っていたのだが、奥さんは薬剤師なので、仕事関係の本や書類を持って行き来することも多いらしく、今回購入したぐらいのA4書類が入るちょうどいいサイズのリュックが欲しかったのだそうだ。

カラーはシンプルなブラックで、値段も3,220円と安かった。これなら、ダメでもあきらめがつく値段だろう。

届いたら、また簡単にレポートしたい。

関連記事:
SWISSWIN社製リュックサック「SWF1703」が届いた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。