So-net無料ブログ作成

新aiboの作り込みの丁寧さ [玩具]

スポンサードリンク




app-detail-1-0.jpg

“まるで本物”の新aibo ペットのように「育て方で個性が出る」 (1/2) - ITmedia NEWS

ソニーが、1月11日に、AI技術を活用した犬型ロボット「aibo」を、10年ぶりに発売した。

テレビなどのメディアでも盛大取り上げられていたが、私自身は、しょせん会話もできないのに、20万円近くし、毎月通信料も掛かるペットロボットに、そこまで興味を持てずにいた。

ところが、お店で実物を見たら、予想を超えた作り込みに、さすが10年の月日は伊達ではなかったと感心してしまった。


まず、コンセプト上、従来との一番の違いは、従来の「aibo」が架空の動物という設定だったのに対し、今回の新「aibo」は、明確に犬型ロボットと銘打っていること。

22軸の超小型アクチュエーターで動きを表現するが、従来のAIBOよりも2軸増えただけらしいのだが、アクチュエーターの動きの連動性が高まり、その動きも完全に犬に寄せたことでリアルになっており、本当に生き物っぽい。
おそらく、本当の犬にセンサーをつけて、モーションキャプチャーで動きを取り込んだのではないだろうか。

新たに目には有機ELパネルを搭載したが、画像でまぶたや瞳を動かすことで、より細やかな表情を見せるようになり、生き物っぽくて可愛いと思う一方、心の底のどこかがザワつくのも感じる(いわゆる不気味の谷と呼ばれる現象かも)。

皮膚の感触も、少しひんやり感はあるものの、思ったよりメカメカしくなく、触り心地も悪くないし、撫でてやると、気持ち様な表情やしぐさをするのが、妙にリアル。
よくここまで作り込んだな、と感心するほどだ。

また、新aiboはインターネットに接続し、最新のAI技術を利用し、クラウドとアクセスして学習したり、記憶することで、飼い主の接し方に応じた進化を遂げるという。

ただ、人間のしゃべることはある程度理解するものの、Amazon Echoなどと違い、人間の言葉はしゃべらないので、何かの役に立つという商品ではない。あくまでペットとして寄り添うだけの存在だ。

aibo購入には総額いくらかかる? ロボスタ編集部がaibo予約に参戦!無事買うことが出来たのか? | ロボスタ

価格面では、約20万円だから旧型とほぼ同じだが、新aiboを利用するには、モバイルの通信契約「aiboベーシックプラン」への加入が必要になった。

これは、3年間のサービス利用が前提となっており、一括払いだと90,000円、月払いだと月々2,980円の36ヶ月払いというから、格安スマホが当たり前になった今としては結構高い。おそらく、通信料金だけでなく、クラウド側のサービス利用料も含まれるという考え方なのかもしれないが、だったら明確にそう言った方がいいと思う。指定以外のSIMが使える訳ではないのだから。

この3年間の通信料を加えると、本体198,000円と90,000円で288,000円も掛かることになり、さらに3年保証の「ケアサポート3年」に加入すると、さらに54,000円が必要で、30万円を超える。

実際に見たら魅力は感じたが、とてもではないが手軽には買えない金額を見てしまうと、再び、欲しい気持ちはサーッと引いてしまった。

それでも、まずは旧型aiboに愛着を持っている人たちには、売れるのは間違いないだろうし、aiboより高いペットを飼う人はいくらでもいる訳だから、それなりの需要はあるはず。

以前のaiboの失敗は、そうしたアーリーアダプタ層の需要が一巡したところで、全く売れなくなってしまい、出荷台数が伸び悩み、収益が悪化してしまったことだったが、今回は、ソニーも同じ失敗を繰り返さないように手を打ってきた。

それは、新モデルは、売り切りではなく、通信サービスで毎月約3,000円の収入が得られるスキームを構築したことだ。
これにより、購入後も、継続的な利益を生む製品となった。

これは、従来のソニーの、商品を売って儲けるビジネスモデルではなく、むしろ、携帯電話やネット動画配信サービスのビジネスモデルに近い。
すなわち、これにより、ソニーのビジネスとしては、aiboの台数がある程度増えれば、それ以上台数を売ることは重要ではなく、aiboを買って契約していくれた人が、どれだけ長く契約し続けてくれるかの方が重要となる筈だ。

現状、本体と通信サービスの合計288,000円を、契約期間の36カ月で割ると、月額で8,000円。
もう少しコストダウンを頑張れば、初期費用3,000円で、月額5,000~6,000円みたいなレンタル型サービスも見えてくるだろう。

犬の飼育にかかる毎月の生活費 | 犬の飼い方ナビ

リアルな犬を飼うのに必要な生活費は、毎月おおよそ1万円ぐらいだというから、今後は、明確に、レンタル型の方向にサービスモデルを転換した方が、ユーザーにも分かりやすいのではないだろうか。

関連記事:
日本は音声UIの本命はスマートスピーカーとは考えていないみたい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。