So-net無料ブログ作成

「Amazon Fire TV」でWebブラウザが利用可能になった [ネット家電]

スポンサードリンク




グーグル、アマゾン「Fire TV」「Echo Show」上でYouTubeを提供停止に - CNET Japan

Googleが、Amazonの「Echo Show」と「Fire TV」における「YouTube」サービスの提供を停止するということで、我が家にあるFire TVのにも、YouTubeを2018年1月1日から利用できなくなるという通知が表示されていた。

AmazonがGoogle HomeやChromecastなどの競合製品を販売しないことや、ChromecastでPrime Videoが視聴可能することにも否定的であり、それにGoogleが腹を立てて、対抗措置を取ったようだ。

できれば、ユーザーの利便性を考慮して、年末までにGoogleとAmazonの間で、協議が成立することを期待していたが、どうやら決裂したみたいで、本当に使えなくなった。

silk-browser-launch.jpg

Fire TVシリーズがFirefoxなどWebブラウザ対応。YouTubeも再生可能に - AV Watch

ただし、Amazonは、その対策として、Fire TV向けにWebブラウザ「Firefox」および「Silk Browser」を提供開始したことを発表した。
旧型Fire TV Stickでも、速度はともかく、動作するらしい。

いずれも、Fire TVのリモコンで操作でき、アプリに代わって、YouTubeも見られるようなので、明らかにYouTube視聴不可対策でリリースされたものだろう。

YouTubeに限ってみれば、音声検索ができる点は「Silk Browser」が勝るが、それ以外は互角。ただ、今後のリスクを考えると、「Firefox」の方がいいかなぁ。

というのも、「Silk Browser」は、Googleが、Fireタブレットも含め、Amazon端末からのアクセスをシャットアウトしようと思えばできるが、「Firefox」だと、UserAgentが完全にPC用またはAndroid用ブラウザと同じだったら、これをAmazon端末だと判断する術はないはずなので、おそらくGoogleは、Fire TV版「Firefox」を排除できないからだ。

なお、「Firefox」で、TVerなどのテレビ局の見逃し動画配信サイトを見てみたが、intentを使うような挙動になるようで、今のところ動画が見られるサイトはないみたいなのが残念。
ただ、他の動画サイトも少し見てみたると、YouTube以外でも色々なサイトで動画が再生できそうなので、それらについては追々紹介していきたい。

まあ、我が家では、リビングのテレビでYouTubeを見る手段は、他にもAndroid TV端末と、Blu-ray DIGAがあり、FireTVでYouTubeが見られなくたって、他の端末を使い分ければいいんだけどね。

関連記事:
FireTVでSilkブラウザが利用可能になるらしい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。