So-net無料ブログ作成

サムスンの360度カメラ「Gear 360(2017)」を購入 [ビデオカメラ]

スポンサードリンク




Galaxy Gear 360 | ウェアラブル - Galaxy Mobile Japan 公式サイト

以前、360度カメラの購入を検討してることを書いたが、結局、掘り出し物があり、サムスンの360度カメラ「Gear 360」の新モデル(Gear 360(2017) SM-R210NZWAXJPの方を購入した。

新品だと、3万円弱が相場だが、中古で送料込みで約1.5万円と激安だったのだ。

K0000966515_0002.jpg

旧型の「Gear 360」は、球体をしていたが、新型は、コケシみたいな不思議な形。

筐体の前後に水平に広角カメラを備えており、360度カメラという表現は正確ではなく、足元から天空まで撮影できる。「全天球カメラ」という表現が正しい。
従って、このカメラで撮影した映像をVRゴーグルで見る時も、首を左右に振るだけでなく、上を向いたり、ある程度下を向いても画像が追従して見られることになる。

【徹底比較】360度カメラGear 360 新型 VS 旧型 | Mogura VR - 国内外のVR最新情報

旧型の方が解像度が高いことと、レンズ径も大きいため、明るく撮影できるなど、カメラの基本性能は旧型の方が優れているらしい。
静止画の解像度は、旧型の2,590万画素から、1,500 万画素に落ちた。
動画も、旧型の3,840×1,440ピクセル(30fps)から 4,096×2,048ピクセル(24fps)へと、解像度は少し上がっているものの、フレームレートは少し落ちている。

ただし、旧型が、前後のカメラの合成(ステッチング)をGALAXY側で行っていたため、パソコンやiOSデバイスがサポートできていなかったりしたのだが、新型ではカメラ本体のハードで合成を行うようになり、iOS/Windows/Macでも利用可能となり、Android端末でも、GALAXY以外でも安定して動作するようになったようだ。

旧型よりは少し劣るとはいえ、それでも、リコーのTHETA SCに比べても、特に動画の解像度は高く、新型でもコンシューマ向けには充分な性能を持っている。

360度カメラにハマる 4Kにグリップ付きで撮影が快適 - 日経トレンディネット

撮影したファイルはmicroSDカードに保存されるが、最大256GBのmicroSDXCカードをサポートするため、容量不足で困ることはないだろう。

むしろ、バッテリー駆動時間が2560×1280ドット(30fps)で最長130分となっているので、microSDXCカードが一杯になるより、バッテリーのほうが先に切れるだろう。
一日で歩いて撮影するなら、充電端子がUSB Type-Cなので、USB Type-Cケーブルと、モバイルバッテリーは用意しておいたほうがよさそうだ。

【レビュー】Samsung の新型 VR カメラ「Gear 360(2017)」が届きました、まずはファーストインプレッション | Jetstream BLOG

購入した方の感想も、悪くないようだ。

スマホアプリがリモコンとしても使用でき、本体もそのままで自立するため、カメラ本体を360度撮影した居場所に立てて置き、離れた場所からスマホで撮影操作すれば、自分がカメラに写り込まずに、360度映像を取ることができるようだ。

商品が届いたら、一応感想は書くつもりではあるのだが、正直、今すぐ撮りたい映像がある訳でもなく、VRゴーグルもそれほどいいものを持っておらず、視聴環境があるわけでもない。
本気で使うのは、まだ先の話になりそうだ。

関連記事:
360度カメラを買おうと思う:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SAMSUNG 三星 サムスン ギア Gear 360度 VR カメラ SM-C...
価格:23976円(税込、送料無料) (2017/10/12時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。