So-net無料ブログ作成

「Firefox Quantum」は起死回生となるか? [パソコン]

スポンサードリンク




Firefox 55リリースでようやく問題が解決:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、「Firefox 55」が出た時、不満だったタブをたくさん開いたときのパフォーマンスが改善されている、と書いたのだが、しばらく使っていたら、どんどん遅くなり、以前と変わらない状況になった。

メジャーバージョンアップにより、キャッシュがクリアされたため、一時的に軽くなっただけなのかもしれない。

タブを多く開くと、操作レスポンスが悪くなるのだが、いったん終了させて再度起動すると、Firefoxがフリーズしているので、強制終了して再起動する旨のメッセージが表示される。
再起動されるということは、レンダリングエンジン自体に問題があるようだ。
その状況は、「Firefox 56」になっても変わらず、もはや我慢の限界が近づいていた。

Firefox-Quantum-is-2x-faster-600x321.png

そこに、「Firefox 57」改め「Firefox Quantum」という新バージョンが発表された。
体感的なパフォーマンスを改善し、タブレットでのタッチ操作でも使いやすくしたという。

Mozilla、「Firefox 57」改め「Firefox Quantum」を発表 ~従来バージョンの2倍高速

2017年11月14日の正式リリースされる予定だが、既にベータ版がこちらからダウンロードできるため、まずは試してみることにした。

既存のFireFoxを終了した後、ダウンロードしたインストーラーを起動すると、必要なコンポーネントを自動でダウンロードしてインストールが行われる。

起動して、実際にWebをブラウズしてみたが、一つ一つの新たなタブを開くのは、若干反応が悪くなった気がするが、逆に、タブをどんどん開いて行ったときの操作レスポンスの低下は、「Firefox 56」より抑えられており、トータルではレスポンスが改善されていると思う。
また、たくさんのタブを開いても、ブラウザがフリーズする現象も、今のところ起きていないようだ。

ただ、現時点では、「Firefox Quantum」に変えると、旧式のアドオンが使えなくなるという重大な問題がある。
ドラスティックな変更なので、現在自分が使っているアドオンのほとんどが使えなくなり、非常に困っている

これが、ベータ版だからなのか、公式版でも同じなのかはよく分からないが、私のように特定のアドオンが使いたくてFireFoxを使い続けている人間にとっては、非常に困った事態だ。
新しい形式のアドオンがリリースされるのを待つしかないのだろうか?

だとすると、「Firefox Quantum」へのアップグレードはしばらく待った方がいいのかもしれない。

ということで、「Firefox Quantum」のベータ版は、とりあえずアインインストールし、「Firefox 56」に戻してしまった。

「Firefox Quantum」の正式版では、旧式のアドオンがまだ使えることを祈る。

関連記事:
Firefox 55リリースでようやく問題が解決:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。