So-net無料ブログ作成

フルカラーの家庭用3DプリンタをXYZPrintingが発表 [工具]

スポンサードリンク




フルカラー3Dプリンタ「RoVa4D」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、フルカラー3Dプリンタ「RoVa4D」について取り上げたことがある。
これは複数の色のフィラメントを混ぜ合わせることで様々な色を出す方式だったと思うが、そのせいでプリント速度が遅くなるし、価格も高くなる難点があった。
Kickstarterの出資では、約20万円で入手できたが、現在普通の買うと、55万円ぐらいするから、ちょっと手が出ずらい。
色が自由に付けられれば、家庭での使い道も広がると思うのに、とは思っていたが、なかなか家庭で手軽に買える価格とはならなかった。

xyzprinting-color.jpg

3000ドルで売れるフルカラーの3DプリンターをXYZPrintingが発表、コロンブスの卵のようなアイデア | TechCrunch Japan

さて、このたび、家庭向け3Dプリンタで一番人気の「Da Vinci」シリーズを作っているXYZprintingが、定価3,000ドルの「Da Vinci Color」を発表した。
これでも決して安くはないが、「RoVa4D」よりは安い。
色の自由度も上がったが、その理由としては、フィラメント自体は普通のPLAに、インクジェット方式で、CMYKの色のスプレーで着色させる方式を取ったことによる。
この方式自体は、世界初ということではないらしいが、家庭向けに、この価格で実現したことは画期的なことらしい。
着色できる色も、1,600万色というから、本当なら写真でもリアルにプリントできるだろう。
ただ、吹き付けるインクは、PLAに強固に付着する特殊な材質となるようで、インクは65ドルするというから、ランニングコストは、それなりに掛かるようだ。

本体価格も、2,999.95ドルで予約販売中で、店頭で市販されるときには3,500ドルになるという。日本円では30万円を超える。決して安くはないから、これで3Dプリンタが家庭に普及するようなことは起きないだろう。

しかし、XYZprintingは、さらに低価格の家庭向けの3Dプリンタ製品ラインナップを持っており、そうした製品に、このインクジェットプリント機能を組み合わせて、本当に家庭でも手軽に買えるフルカラーの3Dプリンタを出してくるのも間違いないなさそう。

果たして、XYZprintingは、今後、3Dプリンタのエプソン/キヤノンになれるのか?
今後に期待したい。

関連記事:
3Dプリンタは個人に普及するか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3F20AXJP00J 「直送」【代引不可・他メーカー同梱不可】 xyzprin...
価格:88213円(税込、送料無料) (2017/9/12時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3FM1WXJP00B【税込】 XYZプリンティングジャパン ダヴィンチ Min...
価格:38500円(税込、送料無料) (2017/9/12時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。