So-net無料ブログ作成

これぞ、未来のホームセンター「CAINZ工房」 [DIY]

スポンサードリンク




この夏休み、壊れた棚の補修をすることになり、久々に近所のホームセンターで、木材のカットをお願いした。

今回お願いしたのは、「コーナン」だったのだが、持って行く図面さえしっかりしていたので、数分で作業は完了し、料金もさほど高くない。

このお店、自分でも電動ドライバーや電動のこぎりなどが借りられ、無料で使える作業場所もあり、DIYをしたい人には非常にありがたいホームセンターだ。今回も、長い直線カットは、工作機械でお願いした上で、細かな加工は、丸鋸を借りてカットした。

ただ、今回、数年前にカットをお願いしたときと、その風景が変わっていないことには、ちょっとガッカリもした。

最近思うのだが、日本のホームセンターって、木材の加工はやってくれたり、工具を貸してくれるのに、なんでレーザー加工機や3Dプリンター、切削加工機なんかのレンタルサービスをやってくれないんだろう。
機材を揃えるのだって、昔と違い、どれも10万円しないのだから、お店とすれば大した投資ではないし、逆に、家庭で買うにはまだ高い。ちょうど、ニーズがあるのにね。
みすみす、存在しているニーズを取り逃している気がしてならない。

「これは、ホームセンターの怠慢だろ!」と思い、記事を書きかけて、ググってみたら、ごめんなさい。
私が想像したよりしっかりした工房を備えたホームセンターが、すでにあることが判明。

img_about_top.jpg

ホームセンターで3Dプリンター使ってDIY!? 「CAINZ工房」で製作体験 - 日経トレンディネット

それが、「CAINZ工房」だ。「カインズホーム」というとホームセンターの大手だが、その一部の店舗に「CAINZ工房」が併設されている。

それが、お店によっても多少違いはあるそうだが、次のような本格的な設備を備えている。

・工作室:卓上ボール盤、卓上糸ノコ盤、グラインダー、ジグソー、トリマー、丸ノコ、インパクトドライバー、ドリルドライバー、サンダーなどを利用可能

・ペイントルーム:ビニールで養生された部屋があり、乾燥台も用意、塗装した物は乾いてから持ち帰りOK

・溶接ルーム:半自動の直流インバーター溶接機・直流インバータ溶接機を使った金属溶接が可能、「技能講習修了証」(講習料1000円)取得可能、ポータブルバンドソー、高速切断機もある

・デジタルファブ:レーザーカッター、3Dプリンター、木工用CNCルーターが利用できる

・機械に関しアドバイスが受けられるスタッフが常駐し、本格的な講習イベントも随時開催する

明らかに、ホームセンターの工作室の概念を超えており、ちっちゃな町工場みたいな設備と言ってもいい。

CAINZ工房 | カインズ DIY style | カインズ

公式サイトはこちらだが、まだまだ店舗数は少なく、我が家から一番近い神奈川県下では、「カインズ 相模原愛川インター店」のみ。
そこでさえ、我が家からは車で1時間近く走らないと到達しない。かなり遠いが、一度は行ってみたいな。

こういう店を知っていたら、溶接部分が折れて廃棄したOA椅子や脚立なんかも、自分で溶接して直したのになぁ。

関連記事:
リフォーム(5)-17 つっぱりラックの下への直置き:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ






ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。