So-net無料ブログ作成
検索選択

DMR-BRG2020用のHDDを購入 [AV機器]

スポンサードリンク




BRG2020 | ブルーレイ/DVDレコーダー DIGA(ディーガ) | Panasonic

DMR-BRG2020では、USB外付けHDDは同時には1台しか接続できず、交換しても最大7台までしか認識しないと制約がある。

そのため、DMR-BRG2020を使って、他の機器で録画した番組をできるだけUSB外付けHDDに集約しようとする場合、これから購入するUSB外付けHDDは、できるだけ大容量の物を購入しておきたい。

HDD が AV コマンド対応か調べたい: ひでのブログ

しかし、レコーダーの場合、USB外付けHDDなら何でもいいかというと、そうではない。
メーカー側としては、できれば、「ATA-7 AVストリーミングコマンドセット(AVコマンド)」をサポートするHDDドライブが搭載された製品を推奨している。

これは、「書き込みエラーが発生したときに、リトライせず無視して次のデータを書きに行くというレコーダー専用コマンドだ。
通常のPC用HDDのライトコマンドだと、HDDに問題が起き、あるブロックが書き込めないことが起きると、書き込めるまで何度もリトライを繰り返すが、それだとレコーダーのようにリアルタイムに放送を録画する場合、次のデータの書き込みに間に合わなくなってしまい、最悪録画自体を終了せざるをえないなってしまう。
これが、AVコマンドを使って書き込めば、書き込めなかった部分だけが、画面上のブロックノイズなどで崩れて表示されるだけで、全体としては録画が継続できるため、レコーダーにはこちらの方がいいのだ。

推奨USB-HDD サポート情報 | 動作確認情報一覧 | ブルーレイディスクレコーダー/プレーヤー | お客様サポート | Panasonic

こちらのパナソニックのサイトには、推奨HDDの情報が書かれており、おそらくこれらはAVコマンドをサポートしているのだが、表が古く、最大2TBのHDDしか記載がない。

【定期更新】DIGA用外付けHDD※推奨品【価格・ハードディスク容量・性能比較】

こちらの比較的新しいサイトを見ると、最近の通常録画のDIGAは、どうやら4TBのHDDまでは利用可能な製品があるようだ。
ただ、5TB以上の製品は掲載されておらず、おそらくファイルシステムに起因する様な制約があるのかもしれない。

ということで、これから録画用のUSB接続HDDを買うなら、ライブラリ化できる容量を最大化するためには、AVコマンド対応で4TBの製品を買うのが望ましいことになる。

ただ、よく考えると、レコーダーも、ダビング時はリアルタイム性は不要なため、AVコマンドを使わず、通常の書き込みコマンドを用いるのが普通だ。
もし、USB外付けHDDに直接録画することがなく、いったんHDDに録画した番組をダビングする使い方しかしないのであれば、AVコマンド非対応のHDDでも特に問題はないと思われる。

我が家の場合、USB接続HDDに保存するのは、まずはBD-Rに保存されている番組のみでり、通常の録画は制約がない内蔵HDDに行うつもりなので、BD-Rに入っている番組を移し終えるまでは、AVコマンドの件は気にしないことにする。

ということで、最近、秋葉原やヤフオクで、4TBのUSB接続HDDの出物がないか探しては、安いものがあれば購入している。
基準としては、3.5インチHDDのUSB外付けHDDであれば、4TBで1.1万円前後であれば、安いと判断している。

MAL34000EX3.jpg

USB3.0対応外付けハードディスク - ELD-CED010UBK

ELD-XED040UBK(ELECOM)

shelter_usb30_big01.jpg

SHELTER(シェルター)USB3.0シリーズ

MAL34000EX3(MARSHAL)

HDLXV4.0TU3C.jpg

ドライブステーション ターボPC EX2対応 ハードウェア暗号化機能搭載 USB3.0用 外付けHDD : HD-LXVU3Cシリーズ | BUFFALO バッファロー

HDLXV4.0TU3C(BAFFALO)

とりあえず、こちらの3台を購入。既に最初に買ったMAL34000EX3(MARSHAL)をDMR-BRG2020に接続して使い始めており、BD-Rに保存した番組を、DMR-BRG2020のUSB外付けHDDに順次移しているところだ。

ただ、実際やってみるとBD-Rのムーブバックには、著作権情報のチェックでムーブを始めるまでに相当待たされるし、ムーブバック自体も速くはない。
さらには、BD-RからUSB外付けHDDに直接ムーブバックができず、一度内蔵HDDにムーブバックした後、再度、内蔵HDDからUSB接続HDDにムーブを行う必要があり、手間の時間も予想以降にかかる。

おまけに、DIGAの場合、HDD上でまとめ表示を設定した一連の番組も、USB接続HDDにムーブする際は、まとめたままムーブができず、移動先で、バラバラになってしまうため、再び、まとめ表示の指定をやり直す必要がある。

まとめ表示なんてどうでもいいじゃないかと思うかもしれないが、何せ4TBの空間は莫大なので、最初にこのまとめ表示をさぼると、後から番組が探せなくなるのは確実であり、手間でもやらざるを得ないのだ。

そんな訳で、作業はなかなか進まないのが現状だ。

4TBという容量も、実際作業を始めてみると莫大で、なかなか残容量が減らない。
このペースだと、1年掛けて、一つHDDが埋まるかどうか?といったところ。
HDDを慌てて3個も買ってしまったが、全く急いで買う必要はなかったな。
今後は、よっぽどの掘り出し物でない限り、当面、買い足さないことにする。

DMR-BRG2020購入後、一度もレビューを書いていないが、それは、こうした地味な作業ばかりが多く、あとは、Amazonプライムビデオを見るのに使っているのが大半ということで、あまり書くことがないからだ。

それでも、色々不満は出てきてはいるので、DMR-BRG2020のレビュー、今後、少しずつでいいから書いて行こうと思う。

関連記事:
BDレコーダー「DMR-BRG2020」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】エレコム(Seagate) 1TFAN3 [USB3.0 外付けハー...
価格:11980円(税込、送料無料) (2017/6/18時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。