So-net無料ブログ作成

エイベックスから1万円を切るハイレゾプレーヤー発売 [ポータブルオーディオ]

スポンサードリンク




08_s.jpg

エイベックスから1万円を切る小型ハイレゾプレーヤー登場。32bit対応「CuBit」 - AV Watch

あのエイベックス・エンタテインメントから、何故かハイレゾ対応のポータブルメディアプレーヤーが発売されたそうだ。
「High-Reso CuBit(ハイレゾ・キュービット)」という製品で、価格は何と!9,800円。
もちろん、エイベックス自身が開発できるわけはなく、実際の製造開発元はメモリーテックというOEMベンダ。

製品は、5種類のカラーバリエーションがあり、サイズが52×52×14.8mm(縦×横×厚さ)で、約32gという超コンパクト。

しかしながら、本体には、再生/一時停止や曲送り/戻しのハードウェアボタンと、曲名や電池残量などを表示できる有機ELディスプレイも装備する。

もちろん、ステレオミニのヘッドフォン出力端子を備え、出力は15mW×2chという。

楽曲用のストレージは内蔵せず、microSDカードスロットを内蔵し、最大64GBのmicroSDXCカード(Class 10推奨)をサポートし、そこに楽曲ファイルを格納する。

さらに、対応ファイルは、最大192kHz/32bitのWAVやFLACのみという大胆な割り切り。MP3もAACも再生できないというのは、さすがに実用性の上で、いかがなものだろう。

プレイリスト再生も可能だが、パソコンのテキストエディタで作成したm3uファイルをmicroSDに保存することで利用でき、複数プレイリストの切り替えはできない、という原始的仕様。こういうのは、普通「利用可能」とは言わない。

内蔵バッテリ容量は500mAhで、連続再生時間は約10時間。充電時間は約3時間。microUSB端子から充電するが、このUSBは何と!充電専用という割り切り仕様。

microSDカードに楽曲ファイルを転送するには、パソコンを使用するが、USB接続は使えないのだ。
具体的には、パソコンにmicroSDカードを挿してFAT形式でフォーマットし、その後、そのrootディレクトリに楽曲を転送する。
転送し終えたら、そのmicroSDカードを「High-Reso CuBit」に挿すという。
これも、値段を下げたかったのか、USBの固有シリアル番号取得の手間を嫌ったのか、USBドライバの組み込みが面倒だったのか、分からないが、その代わりに、PC用microSDリーダー/ライタが付属するというから、どっちが安いのかよく分からない。

一点注意としてすべきこととして、本来exFATでフォーマットすべき64GBのmicroSDXCカードも、FAT32でフォーマットして使用することで、おそらくSDXCに絡むライセンス料、特許料の支払いを嫌ったものと思われる。中華製品ではよくあることだ。
本来のフォーマットのmicroSDXCカードを挿しても認識できない点は要注意だ。

最初に9,800円と聞いて、最初「安い!」と思ったが、詳しくスペックを見たら、シンプルにハイレゾ音源を聴けるだけのプレーヤーであり、さすがにMP3もAACも再生できない、と聞くと、いくらなんでも割り切り過ぎだという気がする。
これでは使い道は限られてしまうし、高音質のFLAC音源しか聞かないような人間が、こういう激安商品に手を出すとは思えないからだ。

MP3の特許ライセンスが終了 - AV Watch

AACはライセンス料が必要だが、せめて、ライセンスが消滅したMP3の再生だけでもサポートしてくれれば、もう少し価値が出てくる気はするのにね。
ちょっと残念な製品だな。

関連記事:
上海問屋から激安ポータブルオーディオ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】XDUOO X2 シルバー ハイレゾプレーヤー
価格:8672円(税込、送料無料) (2017/5/20時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました