So-net無料ブログ作成

今、無線LANルータを買うなら・・・ [ホームネットワーク]

スポンサードリンク




我が家でも、家族全員のスマホの契約を、徐々にauからMVNO事業者に変更しようと考えている。
最終的に、auスマートバリューに加入するスマホがなくなれば、auひかりから借りているホームゲートウェイのWi-Fi機能が無料で使えなくなる。
ただ、このWi-Fi機能がIEEE802.11b/a/g/n対応で、もはや規格的に古いため、税別月額500円を払って使うのも馬鹿らしい。

となると、このWi-Fi機能を解約して、自分で最新の11ac規格対応の高速無線LANルータを購入して、宅内の端末からそれにアクセスする方がいいだろう。

そこで、最新の無線LANルータ事情を調べてみた。

「スマホのWi-Fi速度」を上げる無線LANルーターの機能は? - 日経トレンディネット

最新の、無線LANルータは、11ac対応であっても、SISO (単入力、単出力)から、MIMO(多入力、多出力)に移行ており、さらには、無線LAN版スイッチングハブとも言えるMU-MIMOへと進化しており、同じ帯域で更なる高速化が進んでいる。
このMU-MIMOを実現するのが、ビームフォーミングという技術で、ビームフォーミングをサポートする無線ルータと端末の間で、通信する端末に向けて電波を強めることができ、さらに速度を向上することができるという。

これらの技術の採用により、最近は、論理速度が1Gbpsを超える速度の無線LANルータも、普通に登場してきていている。

実効速度はそこまでは出ないにしても、現在、ホームゲートウェイに繋がっている端末は30台以上、うち、無線LANで接続している端末だけでも、14台と物凄い数になりつつある我が家には、実効スループットが少しでも向上するのは有難いことだ。

ただ、ビームフォーミングという技術、無線ルータに接続する端末側でもサポートされている必要があり、実際に速度向上の効果が得られる端末は、iPhone 7や6sなど最新のiPhoneや一部のAndroidスマホに限られてしまう。

iPhoneでWi-Fiを使うなら ビームフォーミング&ビームフォーミングEX | BUFFALO バッファロー

WN-AX2033GR | 無線LANルーター | IODATA アイ・オー・データ機器

ただ、バッファローだと「ビームフォーミングEX」、アイオーデータだと「ビームフォーミングW」という、端末側がビームフォーミングに対応していなくても、無線ルータ側で端末位置を推定して、電波強度を最適化できる機能を備えた無線ルータも出てきており、こうしたルータを購入すれば、ビームフォーミングに対応しない端末でも、速度向上が得られるそうだ(この機能、NECにはないみたい)。

無線LANルータ親機の選び方とおすすめ 2017年2月版(①IEEE802.11ac 2166Mbps/1733Mpbs編) - 快適ネットワークライフ

一方、速度最優先なら、TP-LinkやASUSといった海外メーカーの製品が、論理速度2,167Mbpsで一番速いが、デカいし、消費電力も大きめで、値段も2万円前後して、高いので手を出しにくい。

なので、今、買うなら、論理速度1,733MbpsのバッファローかIO-DATAが無難かな?などと考えている。

1,733Mbpsモデルのひとつ前に1,200Mbpsモデルがあり、実効速度で考えればこれでも大差ないし、価格も安いのだが、カタログスペックを精査すると、同じバッファローでも、1,200Mbpsより1,733Mbpsの方が定格電力が低いのだ。
おそらく、1,733Mbpsモデルでは、核となるチップセットの世代が新しくなっており、速度が向上したにもかかわらず、消費電力は逆に減る結果となったのではないだろうか。
では、論理速度2,167Mbpsのモデルはどうかと見て見ると、消費電力は速度に応じて順当に増えている。こちらはおそらく1,733Mbpsモデルと同じLSIやアンテナを複数使用して性能を上げているのではないだろうか。

ということで、今買うなら、消費電力と速度のバランスを考えれば、論理速度1,733Mbpsのモデルがベストの気がする。

さらに言えば、昔からルータ関連は、IO-DATAよりバッファローの方が優秀だった印象が強いので、買うならバッファローか。

このあたりの機種であれば、新品同様の中古品が、秋葉原でも8,000円弱で買えてしまうのも、比較的手軽だ。

無線LAN 中継機の選び方とおすすめ 2017年2月版 - 快適ネットワークライフ

余ったお金で、2階に中継器を置けば、2階にある端末のスループットも、さらに向上できるだろう。

最新の無線LANルータの導入に関しては、別にauスマートバリューの解約を待たなくてもいい訳で、ヤフオクやアウトレット店などで、手頃な価格で、狙い目の無線LANルータが手に入れば、買ってしまうかもしれない。

関連記事:
我が家でもそろそろMVNOに乗りかえるべきか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【バッファロー】11ac無線ルーター 1733+800Mbps [クールブラック...
価格:11603円(税込、送料無料) (2017/5/6時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました