So-net無料ブログ作成
検索選択

「ONYX BOOX C67ML」の初期設定 [電子書籍]

スポンサードリンク




41A74pL1gPL._SY450_.jpg

Onyx BooxC67ML ファーストインプレッション:atelier SHIOYA:So-netブログ

書くのが遅くなったが、ヤフオクで1万円強で手に入れたE-ink搭載Androidタブレット「ONYX BOOX C67ML」の使用レポートを書いておきたい。

KIMG0073.JPG

本体付属品は全部揃っており、microUSBケーブル、マニュアル類などが付属していた。
本体はセンターボタン周りにテカリはあり、それなりに使った形跡はあるが、画面などに傷はない比較的綺麗な中古品だった。

それ以外に、オマケとして、専用ジャケット、専用クッションケース、中国や欧州で使われているTYPE CのACアダプタ、タッチペン、タブレットスタンドなどが同梱されおり、結構お得な買い物だったかもしれない。
ACアダプタは変換しないと日本では使えないが、普通にmicroUSBで充電できるので、特に不便はない。

早速タブレット本体は、専用ジャケットに装着。純正品なので、マグネット検知でカバーを閉じるとスタンバイになり、開くと再びアクティベートされる機能がある。

メモリカードは、32GBまでのmicroSDHCカードが使えるため、ストックを探した結果、32GBのmicroSDHCカードが1枚あったので、それを挿して使うことにする。

ONYX BOOX C67MLを注文しました^^; 快投乱打な雑記帳/ウェブリブログ

先に購入した方のレポートを参考に見ながら、早速、電源を入れてみよう。

KIMG0075.JPG

充電しながら電源を入れると、初期セットアップが始まるが、

2017-03-20 13.33.55.jpg

まずは言語の選択で、日本語の選択がなくて、ガッカリ(のちに問題解消)。取り合えず、読める「English」を選択して、設定を継続。

2017-03-20 13.34.44.jpg

次に、シャットダウンタイマーの設定。

2017-03-20 13.34.54.jpg

次に、ネットワーク切断のタイマー設定。

2017-03-20 13.35.04.jpg

次に、WakeUp時のフロントライトの有効無効の設定。

2017-03-20 13.35.58.jpg

次に、タイムゾーンの設定。

2017-03-20 13.36.13.jpg

次に、日時の設定をすると、

2017-03-20 13.36.33.jpg

独自のランチャーメニュー(ContentBrowser)が立ち上がった。このランチャーメニューのSettingsアイコンをタップすると、

2017-03-20 13.37.07.jpg

この設定画面が表示され、

2017-03-20 13.37.26.jpg

ここで「Language」アイコン→「Language」メニューをタップすると、

2017-03-20 13.37.38.jpg

日本語ロケールが選べるではないですか! 当然、日本語を選ぶと、

2017-03-20 13.37.56.jpg

設定画面が日本語表示に変わったので、Android OSとしては日本語ロケールが入っているようだ。

KIMG0147.JPG

ただし、「ONYX BOOX」独自のランチャーメニューに戻ると、表記は英語のまま。
どうやら、このメニューアプリは日本語に対応していないようで、だから最初のセットアッププログラムで、日本語が選べなかったのだろう。
だとしたら、後で日本語に対応した汎用のランチャーメニューに入れ替えればよさそうだ。

2017-03-20 13.39.04.jpg

次に、設定画面から、「Wi-Fi」アイコンを選び、自宅のWi-Fiアクセスポイントを設定し、インターネット接続が可能にしてから、Googleアカウントの設定を行えるようになったが、通常のAndroid端末では必ず最初のセットアップで要求されるこれらの事項が、設定されず、後から、設定画面から行う必要があるのが面白いところ。

KIMG0142.JPG

Googleアカウントを設定して、しばらくするとGoogle Playアプリが最新版に更新完了し、使えるようになった。

KIMG0145.JPG

そこで、まずは、Google日本語入力をダウンロードし、デフォルトのIMEに設定し、日本語入力を可能にした。

また、Androidのバージョンは4.2.2だったが、それより新しいファームがないか、システムの更新メニューも試してみたが、こちらはサーバの接続エラーになり、更新はできないみたいだ(USB接続したPC経由での更新はできる模様)。

これで、一通りの設定は完了し、「ONYX BOOX C67ML」を日本語環境で使える状況になった。

ここまでで既に困っているのは、タッチパネルのタッチ位置の誤検知が多く、ソフトキーボードなどで、ミスタッチが続発すること。画面の小さいスマホならともかく、これだけ大きな画面のタブレットのソフトキーボードでタッチ位置がずれる(しかもランダムに)というのは、基本設計が悪いとしか言いようがない(最初は不良品に当たったかと思ったが、同様の不満がネットに多い)。

また、通常、Android端末で、画面に下の中央にあるボタンは「ホーム」ボタンだと思うのだが、この端末は「戻る」ボタンが割当たっていて、これが慣れなくて、物凄く違和感がある。
「ホーム」に戻るには、画面左上に表示される「ホームアイコン」をタップする必要があるのだが、なぜこのような割当にしたのかは全く理解しがたい。

ここまででも何か悪い予感がしたのだが、実際、ここからが結構前途多難だった。
長くなったので、続報はまた別途書きたい。

関連記事:
E-inkt搭載Androidタブレット「Onyx Boox C67ML」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

AliExpress.com Product - E book Reader BOYUE T62 dual core cpu e ink capacitive touch screen built in backlight front light Android WIFI electronic bookAliExpress.com Product - Android 4.2.2 ONYX BOOX C67ML 6" HD e-ink eBook Reader, 758*1024, Built-in Light, Touch, WiFi, 8GB, 3000aAmAliExpress.com Product - ONYX BOOX MAX 13.3" Flexible Screen Ebook 1G DDR2 + 16GB Memory Storage Android E-Book Reader 4100 mA Bluetooth WiFiAliExpress.com Product - BOOX N96ML front light 9.7 inch touch screen e book reader android 4.0 electromagnetic ereader WIFI +bluetooth e-book reader



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました