So-net無料ブログ作成
検索選択

「ソフトバンク系格安SIM」が出てきたけれど [携帯電話]

スポンサードリンク




01_px400.jpg

日本通信(b-mobile)から、ソフトバンクモバイルのネットワークを使った格安SIMサービス「開幕SIM」が提供開始されているが、そもそもソフトバンクのソマホは、基本、SIMロックを解除しさえすれば、NTTドコモ系のMVNO SIMサービスが使えるはずで、「開幕SIM」がそれらに比べて、お得なのかどうかが気になっていたのだが、日経トレンディネットに、それに関する記事が掲載されていた。

「ソフトバンク系格安SIM」はお得か? iPhoneで試算 - 日経トレンディネット

「開幕SIM」は、日本通信(b-mobile)から提供されているが、日本通信と提携関係にあるU-NEXTも、「U-mobile S」のブランド名で同じ内容の格安SIMを提供しているそうだ。

また、現時点ではデータ通信SIMのみが用意されており、通信容量は月1GBまで(月額料金880円)から月30GBまで(同4980円)の4種類から選択できる。

上の記事では、「開幕SIM」とNTTドコモ系のMVNOサービスを代表して「楽天モバイル」とを、料金面で比較している。

結果を見る限り、新規契約手数料(それぞれ3000円、3394円)を含み、18か月(1年半)使い続ける場合で見ると、月1GB、月3GB、月7GBのプランでは、楽天モバイルの方が圧倒的に安く、勝負にならない。

ただし、月30GBまでのプランについては、「開幕SIM」がお得になるというが、まあ少数派だろうな。

もっとも、これは日本通信のせいではなく、そもそも、ソフトバンクのMVNO事業者への接続料が、NTTドコモに比べて高すぎるのだ。

「格安スマホ」普及に弾み 携帯大手3社、MVNO向け接続料10~20%値下げ (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

接続料については、毎年少しずつ引き下げられており、さらに下がる方向にはある。
その中で、NTTドコモとソフトバンクの料金差は大分縮まりつつあるものの、これが逆転することがない限り、ソフトバンク網を使ったMVNOサービスが、NTTドコモ網を使ったMVNOサービスよりお得になるはずがないのだ。

とはいえ、auの接続料も、NTTドコモに比べて高めに推移しているにもかかわらず、au系のMVNOサービスの料金は、最近だいぶ下がっていてきて、NTTドコモ系と遜色ない程度になった。
ソフトバンクのMVNO事業者も、今後競合相手が出てくれば、値下げ競争も起きて、今後、料金の差もほとんどなくなるのかもしれないな。

ただし、通話やSMSサービスが利用できるSIMもまだ提供されていないので、まずMNP移行ができないし、余った通信容量を翌月に繰り越せしたり、家族で共有したりもできないなど、サービス面でもかなり劣っているのは事実。

今後、顧客からは、料金面だけでなく、こうしたサービス面での強化も望まれることになるだろうが、先は長そうだ。
今のままだと、期待薄の気はするけどな。

関連記事:
3日間で3GB使える大容量プランの「ピクセラモバイル」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました