So-net無料ブログ作成

購入ターゲットをiPhone SEに変更 [スマートフォン]

スポンサードリンク




現在サブで使用している白ロムのiPhone 5が、iOS10にアップグレードして以降、操作レスポンスが限界に達している一方、このところ、iPhone 6が値下がりしていることもあり、今が買い時と考えて中古のiPhone 6の購入を検討していた。

61287vgOdOL._SL1024_.jpg

【スペック比較】「iPhone SE」と「iPhone6s/6/5s」をくらべてみた - iPhone Mania

ところが、iPhone SEとiPhone6がほぼ同時期の製品だったという記憶があり、スペックを比較してみたら、iPhone SEの方が半年ほど後の製品で、SoCも一世代違うし、RAMも1GBから2GBに増えていて、カメラも大幅に性能アップしているなど、思ったよりハードウェア的な違いがあることが判明。
画面解像度はiPhone 6の方が高いのだが、現状、中古市場でもiPhone 6より、iPhone SEの方が高めなのも納得だ。

とはいえ、iPhone SEでも、16GBの中古なら2万円台で買えそうなので、長く使うことを考えるなら、断然基本性能が高いiPhone SEがいい。iPhone SEのサイズが、現在使用中のiPhone 5と同じだというのも、使い慣れたサイズなので好印象であり、方針を変更。
iPhone 6ではなく、iPhone SEの中古を探すことにした。

主にヤフオクでワッチしていたら、少し前の時期にヤフオク毎日くじで4等に当選。
落札額の20%がポイント還元(上限4,000円)されるので、2万円以上の商品は4,000円引き相当だ。
その分、高めの金額が付いている商品に手を出しても、結果的に割安なので、結局、iPhone SE(16GB)を強気に21,000円で落札。
送料込みでも22,000円で購入でき、さらに4,000円分のTポイントがもらえ、ジャパンネット銀行での決済で2%のTポイント(424円分)ももらえて、なかなかいい買い物ができた。

使って分かったiPhone SEの「すごい」と「がっかり」【がっかり編】 - 日経トレンディネット

iPhone SEが思った以上に実力派だった - おススメポイントと注意点まとめ | マイナビニュース

改めて、iPhone SEのスペックをチェックすると、iPhone 5とは段違いなのは当然として、iPhone 6に比べも、特にカメラが大幅に進歩していることが分かる。

・メインカメラの画素数が、800万画素から1,200万画素に強化
・インカメラにRetina Flash機能を搭載
・4Kビデオ撮影が可能
・Live Photosに対応

それ以外にも、SoCが、Apple A8(1.4GHz)デュアルコアからApple A9(1.85 GHz)デュアルコア64-bitに変更され、CPUが64bit化されたのに対応し、iOSも64bit化されている。
RAM容量も、1GB(LPDDR3)から2GB(LPDDR4)に増えているのも、今後OSの機能アップが進み、OSが容量を食うことを考えれば、製品を長く使う上では非常に重要。

液晶画面は、iPhone 6の1,334x750ピクセル(4.7インチ)に対し、1,136x640ピクセル(4インチ)と小さく解像度も下がっているが、ピクセル密度はほぼ同等。正直、SEと同じ解像度のiPhone 5でアプリを使っていても不満はなかったので、iPhone SEでも十分。

むしろ、その代わりに、67.0x138.1x6.9mmで129gだったiPhone 6に比べて、iPhone SEの58.6x123.8x7.6mmで113gというコンパクトさが嬉しいぐらい。

NFC(Apple Pay)にも新たに対応し、無線LANも、IEEE802.11ac対応に進化。Bluetooth 4.0も4.2に変わった。
Apple Payで、Suicaが使えるのはiPhone7以降なので、iPhone SEでは、クレジットカードを登録することで、QUICPayやiDを利用できたり、ネットショップでの決済ができるようになる程度なので、あまり使わないだろう。

新たに、VoLTEにも対応しているが、これも電話機として使う予定がないので、あまり関係がない。

au版iPhone 6で、MVNOのSIMを刺したいな~と思って調べた![追記8] - Qiita

なお、それよりなにより重要な違いとして、発売時期のわずかな差のせいで、iPhone 6は、キャリア版はSIMロック解除が不可で、SIMロック解除が可能になったのは、iPhone SE以降の機種だという制度上の違いがある。
なるほど、だからiPhone 6は、auだけ値段が安い訳だ。MVNOのSIMも、au系のSIMしか使えないからな。

ということで、やっぱり買うなら少し高くても、iPhone 6よりiPhone SEだ、というのが結論。
iPhone SEが届いたら、iPhone 5からどのぐらい変わったのか、また詳しいレポートを書きたいと思う。

関連記事:
最近、中古のiPhone 6の値下がりが激しい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白ロム SoftBank iPhoneSE 16GB A1723 (MLXM2J...
価格:22800円(税込、送料無料) (2017/4/15時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

softbank iPhone SE 16GB ローズゴールド 本体のみ Dラン...
価格:26438円(税込、送料無料) (2017/4/15時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました