So-net無料ブログ作成
検索選択

ニンテンドー・スイッチは、世界的に見れば好調らしい [ゲーム機]

スポンサードリンク




任天堂「Switch」が発売された:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

家の中でも外でも、一台でゲームが楽しめるニンテンドー・スイッチが、3月3日に発売された。
発売日には、一応行列はできたものの、PS4やPS VRの発売の時ほどは、盛り上がった感じはなく、比較的冷静な反応だったと記憶している。

img-foot.jpg

ニンテンドースイッチ、一挙に売上150万台を達成した模様!|ギズモード・ジャパン

ところが、全世界的に見れば、発売以降、スイッチはかなり好調らしい。
3月3日~3月10日までの初週の売上台数が、150万台に達するようで、このペースは、「Wii U」を上回る勢いだという。

任天堂「スイッチ」、17年度の生産計画を倍増 需要好調で - WSJ

3月末までに世界で200万台出荷する計画だったが、既に予約は締め切られ、品切れ状態となっており、当初の年間計画の倍生産する方向で計画を見直しているという。

任天堂、Switchの左ジョイコン問題に「製造レベルで対処した」と発表―不良品は交換へ | TechCrunch Japan

初期不良として、左ジョイコンのBluetoothの接続が切れやすいという問題が発覚したが、任天堂も速やかに問題を認め、製品を改良するとともに、交換にも応ずる姿勢を見せ、大事には至らずに済んだ。


「ニンテンドースイッチ」レビュー:ゼルダは最高、今はそれだけだけど…|ギズモード・ジャパン

本体発売時に、発売されるソフトの数が少ないことも懸念されていたが、ふたを開けて見れば、発売時の目玉だった「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が、全世界で大好評で、スイッチ本体を購入した顧客の89%が、このソフトを購入したという。

私は、まだこのゲームは、CMの映像しか見たことはない。
それを見る限り、3D映像自体は、PS4やX-box Oneと同等か、及ばない程度でしかないのだが、おそらく、誰でも楽しめるゲーム性の面で、ゲーム機を新たに買ってでもやりたいだけの魅力があるのだろうな。

ゲームは、「数より質が大事」という本質を改めて思知らされるな。
ただ、ユーザーがゼルダに飽きるころまでに、このゼルダ並みの質のゲームを、次々と発売しけなければ、結局ゲーム機ビジネスは、ポシャる結果となるので、これからが大事になるのだろうと思う。

こうした動きを見て、株価も、発売前日の3月2日(終値)2万2875円から、3月13日(同)には2万5000円へと、7営業日で9.3%も上昇したという。

我が家では、下の子が絶対スイッチを買うだろうと思っていたが、今だ買っていないようだな。
そろそろ、せかせて、買わせようかな。

関連記事:
任天堂「Switch」が発売された:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオ...
価格:36500円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました