So-net無料ブログ作成

AMDの新CPU「Ryzen 7」が久々のヒット [パソコン]

スポンサードリンク




正直、デスクトップPC用のハイエンドCPUなんて、もはや全く興味はなかったので、AMDの新CPU「Ryzen 7」が発表されたときも、ふーんと聞き流した程度だった。

ドスパラ、Ryzen 7搭載ゲーミングPCを4機種投入 - PC Watch

iiyama PC、「Ryzen 7」搭載で約13万円からのミドルタワーPC | マイナビニュース

TSUKUMO、Ryzen 7搭載BTOデスクトップPC 2機種 - PC Watch

「Ryzen 7」が発売されるや否や、各社から「Ryzen 7」搭載のパソコンが、一斉に発売。
こんなこと、最近なかったことで驚き、改めて「Ryzen 7」について調べてみた。

amd.png
ASCII.jp:インテル超え確実!? Ryzen 7最速ベンチその実力とは? (1/2)

【レビュー】AMD「Ryzen 7 1800X」はIntelの牙城を崩せるか? ~各種ベンチマークを実施 - PC Watch

Ryzen 7のラインナップは、Ryzen 7 1800Xは5万9800円、Ryzen 7 1700Xは4万6800円、Ryzen 7 1700は3万8800円とのことだが、ベンチマークを取ると、「Ryzen 7 1800X」が、実売価格約12万円のハイエンドCPU「Core i7-6900K」とタメを張るか、むしろ、トータルでは上回るスコアを出すというから、凄い。

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】AMD「Ryzen 7」の半導体チップの姿 - PC Watch

「Ryzen 7」は、8個のCPUコアを統合するハイエンドCPUで、CPUコアは、新設計の「ZEN」マイクロアーキテクチャベースで、AMDとしては久々のハイエンド製品。

このところ、AMDは、ローエンドCPUは完全に「Atom」に制圧され、ハイエンドCPUは「Core i7」に完敗の性能のCPUしか出せず、その間で、細々と製品を出しながら、PS4、X-Box Oneのゲーム機用SoCで何とか食いつないでいる感じだった。

そのAMDが、久々にインテルと勝負ができるハイエンドCPUを出し、それがインテルの半額で買える、ということで、各社から一斉にパソコンが出た、というのが今の状況らしい。

「Ryzen 7」は、シングルコア性能では、Core i-7に負けるベンチもあるようだが、8コアでSMTにより16スレッド並列実行が可能なので、マルチスレッドが生きるベンチではCore i-7を圧倒しており、トータルでも勝っているか、いい勝負らしい。
さらに、Ryzenシリーズはすべて倍率フリーであり、オーバークロックも可能らしいのも、マニアには嬉しいところ。

この性能でこの値段だとすると、インテルとしても、当面、Core-iシリーズを値下げして対抗せざるを得ないだろうな。

ただ、この競争は、ハイエンドのデスクトップパソコンという、非常にニッチな市場での話でしかない。
その市場の現在の一番のニーズは、3DゲームとVRであり、一般的な影響力は皆無であるのも事実ではあるが。

関連記事:
子供用にフルサイズタワーPCを購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YD180XBCAEWOF【税込】 AMD AMD CPU 1800X(Ryze...
価格:64580円(税込、送料無料) (2017/3/11時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】iiyama PC LEVEL∞ ゲーミングパソコン LEVEL-R...
価格:142800円(税込、送料無料) (2017/3/11時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました