So-net無料ブログ作成
検索選択

「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」創刊 [玩具]

スポンサードリンク




news_thumb_ATOM_0222_11.jpg

「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」創刊 ~講談社、手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIO5社による共同プロジェクトが発足 - PC Watch

読者がコミュニケーション・ロボット「アトム」を組み立てる「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」が創刊されるそうだ。
ディアゴスティーニかと思いきや、講談社だという。

4月4日創刊で、約1年5カ月かけて刊行され、全70巻を予定しているという。
創刊号の価格は特別価格で830円。通常号は1,843円で、全巻合計の税別本体価格は184,474円だというから、結構な金額ではある。
なお、VAIOによる組み立て代行サービス(限定1,000台)も利用でき、その場合の組み立て済みセットの価格は、212,900円だという。


「アトム」の身長は44cmで、重量は1,400g。可動部は18(頭部2、腕6×2、脚10×2)。外装はABS樹脂。
CPUボードは専用のメインボード(VAIO製)とRaspberry Pi 3(Model B)。
92万画素のHDカメラ、マイク、スピーカー、両眼LED(7色)のほか、胸に2.4型のタッチパネル付き液晶ディスプレイを持つという。
インターフェイスはIEEE 802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.1をRaspberry Pi 3に搭載する。
電源はACアダプタ(7.8V/6A)のほか、リチウムイオン充電池(3.6V/5,800mAh)を内蔵。

20140828.jpg

会話ロボット最先端! PALRO(パルロ)【公式】 富士ソフト

完全なオリジナルではなく、富士ソフトが販売している「PALRO」がベースとなっており、基本的な設計、開発は富士ソフトが担っているようだ。なるほどね。

「アトム」は、二足歩行や、クラウドを利用した音声対話のほか、ダンスを歌って踊ったり、胸に搭載した2.4型液晶ディスプレイを使って絵本の読み聞かせや、アニメ「鉄腕アトム」の傑作選を楽しんだりできるそうだ。
「アトム」の声は2003年からアニメ「鉄腕アトム」の声を担当している声優・津村まことさんが担当するとのこと。

「アトム」で動くコンテンツについては、子供向けコンテンツは「朝日小学生新聞」とも連携予定で、大人向けのコンテンツも継続的に提供するそうだ。

創刊号には、63年版、80年版、03年版のTVアニメ各第1話、ポリゴン・ピクチュアズ制作のオリジナルアニメーション、コンセプトムービーや機能紹介動画を収録したスペシャルDVDのほか、アトム設計透視図が付属するというから、830円なら、付録だけのために購入しても、その価値はあるかもしれない。

第2号では組み立て用のプラスドライバーと作業用手袋、第3号には「鉄腕アトム」の設計図ポスターの付録が付き、4月25日には特製バインダーが発売される。
直送定期購読者には、創刊号から第20号の特典として「アトムボイスクロック」、21号から40号の特典として「充電用アトム専用チェア」がプレゼントされるという。

個人的には、全70巻というのは付き合いきれないし、18万円かかると思えば、他の物を買いたくなるので、定期購読はしないと思う。創刊号だけは、付録が面白そうなら、買ってもいいかな。

関連記事:
デアゴスティーニが「週刊 マイ3Dプリンター」を創刊:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。