So-net無料ブログ作成
検索選択

ガソリンの価格に頭打ち感 [エネルギー]

スポンサードリンク




昨年末のOEPCの原油減産実施以降、ガソリンや灯油の値上がり傾向が続いていたのだが、

ガソリン価格推移グラフ 最近1年間のレギュラー価格 - e燃費

最近、街中を走っていて、ピークから数円ではあるが、ガソリンの価格が少し下がり始めていることに気付いた。
私がいつも入れているGSだと120円/L前後で安定していたが、最近、検索すると115円/Lの店も出てきている。

灯油も、1,260円/18L程度でしばらく安定していたが、1,206円という店も見つかる。

主要産油国の減産ゲームに飽き始めた市場 需要の減少が減産効果を打ち消しに

何故かと調べたら、そもそも今回のガソリンの値上がりは、OPECが昨年末に決めた原油の協調した減産のせいなのだが、原油生産量自体は、昨年の減産合意の上限目標を下回っており、減産自体はうまくいっているらしい。

ところが、原油市場の値上がりで米国のシェールオイルの生産活動が盛り返していることなどが、先物市場では実害以上に影響し、原油価格が、大幅な下げとなっており、それがガソリン価格にも影響しているようだ。

ただ、日本では、為替レートが、1ドル113円台と円安傾向で、そのせめぎあいでガソリン価格の下落を相殺していて、少し下がる程度にとどまっているようだ。

思ったより、原油価格が上がっていないので、OPECでは更なる減産強化も検討しているようだが、OPECに米国が参加していない以上、原油価格の上昇=米国シェールガスの収益改善となり、シェールガスの増産を招き、原油価格を引き下げてしまうというフィードバックループから逃れられないだろう。

我が家的には、車のガソリンはそれ程消費しないが、灯油はフルに暖房で使っているので、灯油の値下がり傾向は有難い。

今後の価格動向の予想については、原油価格自体はそれほど大きく変動はしなさそうなので、むしろ円の為替レートがどのように動くか次第かもしれないが、それも大きく変わるとは思えない。

この冬の灯油に関しては、ここからはそれほど大変動はしなさそうだ。

関連記事:
この冬はガソリンと灯油は値上がり間違いなし:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

石油を読む 第3版
価格:929円(税込、送料別) (2017/2/26時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。