So-net無料ブログ作成

リニアモーターカーの工作キット [玩具]

スポンサードリンク




360_A01n.jpg

磁力で浮いて走るリニアモーターカーの仕組みを学べる工作キット - 家電 Watch

「エレキット」の企画・開発・製造を行なう、電子工作キットの老舗イーケイジャパンが、リニアモーターカーの実際に走る模型「リニアモーターエクスプレス」を、4月中旬に発売するそうだ。


1本のレールには、N極とS極が交互に並んだ永久磁石が並んで取り付けられており、車体には電磁石が取り付けられ、インバーターで交流電流を発生させて電磁石に流すことにより、レールの磁石との間で、吸引、反発を繰り返すことで、前に進む仕組み。

これは、本物のリニアモーターカーの原理そのものだという。

1本のレールを車体が挟み込むような形で走るため、外側から、実際に浮いて走る様子を見ることができるそうだ。

列車のサイズは37×276×30mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約130g。電源は単四形アルカリ乾電池2本。

価格は税抜6,500円。キットだからというのはあるのだろうが、プラレールのセットを買うのとさほど変わらないから、それほど馬鹿高いとは言えないだろう。

対象年齢は10歳以上で、工作時間の目安は約3時間。
部品数はさほど多くはないが、別途、はさみまたはカッター、ニッパー、ドライバー(プラス/マイナス)が必要になるそうなので、小さなお子さんは、お父さんに工具を借りて、一緒に作るのがいいと思う。

関連記事:
リニア中央新幹線の大阪延伸は最大8年前倒し決定:東京おじさんぽ:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました