So-net無料ブログ作成
検索選択

最近、中古のiPhone 6の値下がりが激しい [スマートフォン]

スポンサードリンク




61EEGKiNO-L._SL1054_.jpg

中古iPhone 6の販売価格が2万円台に 5sから首位奪還も近い?――ゲオ1月編 - ITmedia Mobile

白ロムのスマホを扱うゲオで、ドコモとKDDIの「iPhone 6」の良品の価格が税別29,800円まで下がり、iPhone 5sとの価格差があまりなくなっているという。
12月時点での価格はドコモ版が44,800円、au版が39,800円だったというから、1月になってから一気に下がった形だ。

何が原因なのだろうか?と思い、調べてみたが、よく分からない。

iPhone 6の64GBモデルが税抜き24,800円、本体のみの中古品 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

iPhone 6 Plusの64GBモデルが税抜き29,800円でセール中 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

また、ソフマップでも、Bランク品以下の64GBのiPhone 6が、税抜24,800円、Bランク品以下の64GBのiPhone 6 Plusが、税抜29,800円で大量に入荷し、特価販売された。

iPhone6Sや6の急激な買取価格の暴落について:au下取りやヤフオクなど

買取価格自体も暴落しているという状況からも、iPhone6/6Sの中古が市場でダブついている様子が伺えるが、明確な原因を掴めている人は少ない模様。

急げ!SIMフリーiPhoneシリーズが値下げ!今が一番お買い得! | SIMチェンジ

まさかの展開 docomo版iPhone6の価値がau・SBを下回り始める : 白ロム転売法

こちらによれば、昨年6月末から続くドコモのiPhone6/6 Plusの安売りセール継続による白ロムの流通量増加・ショップ在庫過剰が原因ということだが、それにしては劇的過ぎるし、auも下がっている理由が説明できない。

それだけではない気がするな。

ソフマップの特売は、中古の量の多さと、付属品もなく、状態の悪さを見ると、おそらくこれらは業務用のリースバック品だろう。
どこかの会社が、一斉にiPhone6からiPhone6sあたりにリプレースしたことで、リースされていた端末が大量放出され、それで値崩れが発生した可能性がある。

だとすると、これは一時的な値下がりとも考えられ、今、iPhone 6のお買い得度は高いのかもしれないな。

私が現在使用している白ロムのiPhone 5は、今でも最新のiOS10が使えるものの、メモリ不足かかなり動作は厳しくなっており、おそらく次のメジャーバージョンアップでは、サポートが切られると思われる。

そのため、そろそろ新機種に乗り換えたいな、と思っていたところだ。
この機会に、お買い得度が高いiPhone 6か、同様に値下がりしているiPhone SEあたりを買ってしまおうかと、考えている。

関連記事:
アップルがiPhone 6、Apple Watchを発表:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

au iPhone6 16GB 本体のみ Bランク 【白ロム】【中古】【中古スマ...
価格:19958円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

au iPhone SE 16GB 本体のみ Bランク 【白ロム】【中古】【中古...
価格:29138円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。