So-net無料ブログ作成
検索選択

米Amazonがスマホに再参入 [スマートフォン]

スポンサードリンク




【ファイアフォン】、大失敗もアマゾンは続けていく!アメリカは日本の延長線上にない?

アマゾンがファイアフォン大失敗で部門初のリストラ | Fashionsnap.com

2014年に発売した「Fire Phone」は、平凡なスペックの割に、通信キャリア契約なしの場合で649ドルと高価で、全く売れず、後継機種も出ず撤退した。
Amazonらしからぬ大失敗だった。

big2-644x368.jpg

米Amazonで発売されたBlu R1 HDのスペック | HelenTech.net

これだけ手痛い失敗をしたら、もうやらないだろうと思っていたら、2017年12月になって、米Amazonから、新たな格安スマホ「Blu R1 HD」が発売された。

価格は、プライム会員の場合で、8GBで広告ありのモデルが49.99ドルで、広告なしだと99.99ドルとなっている。
さらに、RAMを1GBから2GBに、さらに、内蔵ストレージを8GBから16GBに増量すると+10ドル価格が上昇する。

そして、広告ありモデルは、ロック画面に様々な広告が表示されることにより、低価格を実現している。

気になるのは、この広告にどの程度のパケット通信を行うかで、パケット通信料が少ない格安SIMプランを利用していて、広告だけでパケット量を消費してしまうようでは実用にならない。
広告の取得を、Wi-Fi接続時のみに制限するような設定ができればいいのだが。

スマホとしてのスペックは平凡だ。

・サイズは、縦143.5mm×横72mm×厚み8.7mmで、重量は不明。
・ディスプレイは、5インチで、1,280×720ピクセル。
・CPUは、MediaTek 6735 クアッドコア1.3GHz
・49.99ドルのモデルは、RAMが1GBで、内部ストレージが8GB。
・外部ストレージとして、最大64GBのmicroSDに対応と書かれているが、microSDXC対応とは書いていないので、・FAT32で無理やり対応している可能性もある。
・カメラは、メインが800万画素、フロントが500万画素。
・モバイル通信は、4G通信対応のSIMカードに対応するが、2G通信にGSM方式を採用している通信会社のサービスしか利用できないらしいバッテリー容量は、2,500mAhとまあまあ。

スマホ、50ドルで十分? 「Blu R1 HD」レビュー - WSJ

使った人のレビューによれば、広告表示が煩わしいようで、評判は芳しくない。

また性能的な問題や互換性の問題で、「ポケモンGO」は動かないのは残念。

バッテリーの持ちは割といいらしく、最小限の通話、メール用スマホとしては、49.99ドルなら安いだろう。

ただし、日本語環境はメモリリソースすを食うため、RAMは2GBのモデルを選んだ方がいいと思うな。

それでも、59.99ドルだ。

日本ではまだ発売は未定だが、おそらく発売はされるだろうが、どこかMVNOのキャリアと組んで、さらに安く売ることをやってくるかもね。
今度は、「Fire Phone」の時と違って、ある程度売れるんじゃないだろうか。

関連記事:
あまり興味が湧かないAmazon「Fire Phone」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SIMフリー シムフリー アンロック BLU R1 HD - 8 GB - Bl...
価格:13330円(税込、送料無料) (2017/1/23時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。