So-net無料ブログ作成
検索選択

ポータブル音楽プレーヤーも中国製の時代に向かうのか? [ポータブルオーディオ]

スポンサードリンク




ASCII.jp:ウォークマン圧勝だが……ポータブル音楽プレーヤーシェア早わかり (1/2)|高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」

アップルから、ポータブル音楽プレーヤーiPodシリーズの新製品が発表されなくなって久しい。
公式発表はないが、もうiPodシリーズの新製品は出ることはないのかもしれない。

コストパフォーマンスがよく一時は市場をにぎわしたiRiver、iAudio、COWONといった韓国メーカーもほとんど撤退状態。

最近は、ポータブル音楽プレーヤーといえば、一部のオーディオマニア向けハイエンド製品を除けば、ほとんどソニーの市場独占状態が続いていた。

ところが、最近、中国製の手頃な値段で、性能や音質も悪くないように見えるポータブル音楽プレーヤーが続々登場し始めた気がする。

その前に、中国製のコストパフォーマンスのいいヘッドホン、イヤホンが登場し始める現象があったが、これは、日本などの大手AV機器メーカーが、中国メーカーに品質指導してOEM製品を作らせたお蔭で、技術力を身に着けた中国メーカーが増えたことが大きい。

おそらく、ポータブル音楽プレーヤーについても、同じような状況が起きつつあるのだと思う。

最近では、特に、ヘッドホン専門店「e☆イヤフォン」が、最近、立て続けに日本での販売を発表した中国メーカー製のポータブル音楽プレーヤーが、目を引く。

2万9800円のハイレゾプレーヤーも! e☆イヤフォンが中国シャンリンのDAPやポタアンの販売を開始 - ITmedia LifeStyle

まず、8月には、中国のShanling Digital Technology Development(シャンリン)のデジタルオーディオプレーヤー「M5」「M2」をを発表した。

l_ts_shanling03.jpg

「M5」は、DACに、音質に定評のある旭化成エレクトロニクスの「AK4490」を搭載し、最大192kHz/32bitのPCM音源を再生できるハイレゾ対応のポータブル音楽プレーヤー。
DSD音源の再生も、高音質なDSD128まで対応。
3インチ、480×800ピクセルのIPS液晶パネルを搭載し、音楽だけでなく動画再生も可能なようだ。
ストレージはMicroSDXCカードに対応。
本体サイズは57×13.8×120mm、重量は約135gとスマホより一回りコンパクトで、ブラック、ブロンズ、グレーの3色をラインアップ。
販売価格も49,800円と、ハイエンド仕様としてはリーズナブルだ。同等のスペックの商品を、10万円をはるかに超える価格で売っている高級オーディオブランドもあることを考えると、実は激安なのだ。

l_ts_shanling01.jpg

「M2」は、DACにシーラスロジックの「CS4398」を搭載し、最大192kHz/32bitのPCM音源や、DSD音源も再生できるハイレゾ対応ポータブル音楽プレーヤー。
ストレージはMicroSDXCカードに対応。
2.35インチ、360×400ピクセルのTFT液晶パネルを搭載。
52.5×13.8×110mm、約115gと軽量コンパクトで、ブラック、グレー、ゴールド、サファイアの4色ラインナップ。
ハイレゾ対応でDSDの再生にも対応しながら、販売価格が29,800円と安く、ソニーに十分対抗できるコストパフォーマンスのポータブル音楽プレーヤーとなっている。

m1.jpg

DSD対応で最小/最軽量、約14,000円のハイレゾプレーヤー「M1」。e☆イヤホン発売 - AV Watch

そして、さらにローエンド機種「M1」を12月上旬に発売することを発表した。
「M1」は、DSD再生可能な世界最小最軽量のポータブル音楽プレーヤーとのこと。
60×50×13mm、60gという超軽量コンパクトでありながら、「M2」と同等と思われる2.35インチ、360×400ピクセルのTFT液晶パネルを搭載。

DACチップに、旭化成エレクトロニクスの「AK4452」を採用し、192kHz/24bitまでのハイレゾ音源の再生に対応、DSDもDSD128まで再生できる。
USB 2.0も備え、USBデジタル出力も可能で、ヘッドフォン出力はステレオミニで、ロー/ハイのゲイン切り替えも可能。
さらに、Bluetooth 4.0も搭載し、コーデックはaptXもサポートするなど申し分のないスペック。

ストレージに関しては、microSDXCカードスロットを備え、最大256GBまでのカードが利用可能。
950mAhのバッテリを内蔵し、連続再生時間も容量の割に優秀で、最大10時間持つという。
これだけのスペックでありながら、価格が、e☆イヤホン店頭で13,320円(税込)、Web通販でも14,800円(税込)という安さ。
ここまで来ると、コストパフォーマンスで、ソニーを追い抜いたと言っても過言ではない。

こうした製品を見ると、スマートフォンや、ヘッドホンで起きた中国メーカーの急激な躍進が、ポータブル音楽プレーヤーの分野でも起きつつある気がする。

もっとも、こうしたHi-Fiオーディオ製品が、部品を組み合わせただけで、いい製品ができるとは限らないのも確か。
デジタルノイズ対策だとか、アースの取り方や、コンデンサ一つで、音質が変わるのがオーディオの世界なので、そうした設計のノウハウを、中国メーカーが持ち始めているのだとしたら、ソニーも、のんびり構えていると、あっという間に置いて行かれるぞ!

私は、現状、DSD形式に対応したオーディオプレーヤーを持っていないこともあり、「M1」に関しては、発売されたら、秋葉原で試聴してみて、音質に問題がなければ、この値段なら即買ってしまうかも。

関連記事:
大量の音源を持ち歩きたい人に一番コストパフォーマンスがいい音楽プレーヤーは?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHANLING M5 ブラック【M5 BK】高音質デジタルオーディオプレイヤー...
価格:50310円(税込、送料無料) (2016/11/30時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ご予約受付中】SHANLING M1 WH ホワイト 高音質デジタルオーディオ...
価格:14800円(税込、送料無料) (2016/11/30時点)



AliExpress.com Product - 2016 Newest Original Shanling M1 Portable Bluetooth DAP DSD Lossless HIFI Audio MP3 Music Player Mini Movement MP3 PlayerAliExpress.com Product - Original SHANLING M5 (+leather case) Portable Lossless Music Player MP3 Hifi DSD AK4490 AD8610 MUSE8920 Support DSD64/DSD128 AliExpress.com Product - 2016 New Shanling M2 DAP Portable Hifi Audio Lossless Music Player DSD 192kHz/32bit USB Micro Support Window XP/7/8 Mac OS

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。