So-net無料ブログ作成

LED蛍光灯への交換にトライ! [DIY]

スポンサードリンク




我が家のキッチンのシンクの前に、20Wの直管の蛍光灯が1本ついているのだが、昔ながらのグロー式で、何回かヒモを引っ張らないと、蛍光灯が点灯しなくなった。
よく考えたら10年ぐらい使っており、蛍光灯の電極もかなり黒ずんでいることもあり、LED蛍光灯に交換することにした。

交換にあたって、工事不要のLED蛍光灯が売られているので、それを買って交換すればいいのだろうと思ったのだが、ネットでググると、どうも思ったより事は簡単ではないらしい。

蛍光灯型LEDの落とし穴:LED・LVD(無電極ランプ)・省エネ照明-わかりやすく徹底解説!知って得するエコ照明生活

電気工事不要のLED蛍光灯の場合、蛍光灯用の安定器を取り外さず、そのまま使うことになるため、安定器が壊れた時点でLED照明が点灯しなくなるし、古い安定器は発火事故を起こす可能性もあるらしい。
また、安定器は常時5W程度の電力を消費するらしく、省エネ的にもよろしくないようだ。

直管型LED蛍光ランプの器具工事とは? 工事不要LED蛍光灯のデメリット

最もエコで簡単なのは、電源内蔵型と呼ばれるLED蛍光灯を購入し、グロー球を外した後、蛍光灯の内部にある安定器への配線を切断し、AC電源をLED蛍光灯に直接接続することのようだ。

ただし、この工事は、AC100Vを扱うため、第二種電気工事士の免許が必要で、素人が勝手に工事してはいけないので、工事は電気屋さんに頼みましょう。

私は、実は元々大学の電気工学科出身ということもあり、大昔に免許を取っており、自分で工事ができるため、自分で工事してしまおおう。

61kDv94TuRL._SL1200_.jpg

Amazon.co.jp : led蛍光灯 直管 20w形 クリアカバ-タイプ 蛍光灯20w形58cm グロー式工事不要 節電長寿命 昼光色 (1本入り) : ホーム&キッチン

今回は、Amazon.comで、工事不要だが工事で直結接続も可能だという蛍光灯型LEDを購入してみた。税込1,000円だった。
20w形の直管の蛍光灯(58cm)と形状の互換性があり、消費電力は9Wと半分以下。グロー式の場合は、グロー球を外し管を交換するだけで使えるが、さらに約5Wの電力を消費する安定器も外せば、消費電力は1/3近くに減る。
色温度は、6000Kの昼光色相当で、照射角は180度と広いのは、アルミの反射板があるからだろう。
寿命は約50000時間とあるが、約50000時間はLED単体の性能であり、管としてどれだけ持つかは、中国製なので何とも言えない。

IMG_20161123_123946.jpg

実際に届いた商品を見てビックリしたのは、商品は一応保護用の段ボールに入ってはいたものの、中に商品が入っているだけで、何の説明書も入っていないこと。詳しい仕様も取り付け方法も分からない。中国製と書かれており、耐久性も不安だが、仕方ない。

71UelqkeZiL._SL1000_.jpg

ただ、一応、Webを確認したら、取り付け方法に関する説明が掲載されており、ホッとした。

LED蛍光灯は、ACと直結する場合、片側給電方式、両側給電(片ピン接続)方式、両側給電(両ピン接続)方式、両側給電(片側給電ダブル)方式など、結線方法が様々なのだが、今回購入した製品は、両側給電(片ピン接続)方式でいいらしい。

LED蛍光灯は、蛍光灯と同じ形状なので、両端には2本の電極が付いているが、このLED蛍光灯を点灯させるためには、両端の電極の1本のみをACに接続すればいいということだ。

LEDのための蛍光灯器具改造術 - LED照明・自然エネルギー機器等の通販ならBLUE WING ONLINE STOREへ

具体的な工事方法は、こちらのサイトが分かりやすい。ただ、基本的に機器毎に配線は違うので、実際の廃線を見て考えるしかないので、とにかくやってみよう。

IMG_20161123_125214.jpg

まずは、安全のため、この蛍光灯の電源であるキッチンのブレーカーを落とした後、

IMG_20161123_125338.jpg

蛍光灯のカバーを外して、蛍光灯とグローランプを取り外すが、どうやらベース部分のカバーは、そのままでは外せなさそう。

IMG_20161123_130041.jpg

蛍光灯本体を、取り外した方が作業が早そうだったので、木ネジを外して、AC100Vの電源ケーブルが固定されているネジを外して、本体を取り外す。

IMG_20161123_130643.jpg

内側のカバーを外すと、電源スイッチ、安定器が見える。

IMG_0431.JPG

AC電源からON/OFFスイッチを介して安定器に入るコードと、安定器から蛍光灯のソケットに向かうコードをカットし、

IMG_0432.JPG

両者を直結して、

IMG_0433.JPG

ショートしないよう、銅線が露出している部分をすべて電気工事用のビニールテープでぐるぐる巻きにする。

IMG_0434.JPG

取り外したグロー球のコネクタも、端子が露出したままだと、ホコリで漏電したりする危険性もあるので、ビニールテープを押し込んで、その危険性がないようにした。

IMG_0435.JPG

あとは、元通りベースのカバーを戻し、電源コードを再度固定して、蛍光灯本体を木ネジで元の位置に固定。

IMG_0436.JPG

最後に、新しいLED蛍光灯を取り付けて、外のカバーを取り付け、

IMG_0438.JPG

キッチンのブレーカーを入れて、スイッチひもを引っ張って、点灯することを確認。
さすがLEDだけあって、一発で点灯し、しかも明るいな!
作業時間は、いろいろ試行錯誤もあって、約1時間というところか。

照明の広がりは、蛍光灯より狭い感じはあるが、その分、手元は明るく照らされるので、奥さんにも好評。

なお、我が家では、直管の蛍光灯はここだけで、他は、すべてシーリングライトと電球。

白熱電球はそのままLED電球に交換し、シーリングライトは照明器具自体をLEDタイプにそっくり交換するので、どちらも工事は不要だから、LED化にあたって、今回のような工事が必要な照明は、我が家には他にはもうないな。

ちなみに、電球に関しては、白熱電球は既にもうなく、電球型蛍光灯を3か所を残すのみで、他はLED電球に交換済。

蛍光灯型のシーリングライトは、2か所が既にLED型のシーリングライトに交換済で、残るは3カ所。

数年のうちには、すべてLED化が完了しそうだな。

【追記】屋外の門の照明も、10Wの直管であることをすっかり忘れていた。ここもLED化には工事が必要だな。
グローランプがないのでラピッドスターター型か? こちらも、近々LED化してしまおう。

関連記事:
我が家の玄関ドアの鍵交換(2):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント最大16倍&クーポン1000円OFF】LED蛍光灯 LED蛍光灯 20...
価格:690円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました