So-net無料ブログ作成
検索選択

この秋のBDレコーダー新製品を見ていて [AV機器]

スポンサードリンク




縮小傾向のレコーダー業界の救世主となるか? “マルチハイレゾ”という新しい潮流 | GetNavi web ゲットナビ

4k、HDRで多少盛り返しつつあるテレビ市場に比べ、VODサービスの普及などもあり、BDレコーダーの市場は、縮小傾向が続く。
それは、量販店でのレコーダー売場がどんどん狭く、端に追いやられていることからもよく分かる。

秋というと、例年、BDレコーダーもモデルチェンジの時期で主力機種の新製品が発売されるのだが、今年は寂しい限り。

DMR-UBZ2020_.jpg

パナソニック、UHD BD再生対応で約9万円の新BDレコーダ。HDMI×2やCDリッピング - AV Watch

そんな中で、パナソニックだけは、比較的頑張っていて、Blu-ray Discレコーダ「DIGA」6機種を発表した。
中でも、HDD容量2TBの「DMR-UBZ2020」と1TBの「DMR-UBZ1020」の2モデルは、低価格でありながらUltra HD Blu-ray Disc(UHD BD)の再生に対応し、価格はオープンプライスだが店頭予想価格は2TBが10万円前後、1TBが9万円前後。
さらには、UHD BD再生に対応しないスタンダードモデルの「DMR-BRZ1020」など4製品も発売される。

これまでは、30万円以上する最上位モデル「DMR-UBZ1」のみが、UHD BD再生に対応していたが、これで、10万円以下の売れ筋モデルでも、UHD BDが見らえるようになった。

4kに関しては、UHD BD再生に加えて、YouTube、Netflix、アクトビラなどの4Kネット動画にも対応する(NetflixはHDRにも対応)。

さらに、NAS/ホームサーバー機能も拡充され、新たに無劣化のFLAC形式でCDをリッピングし、本体HDDに保存可能となった。また、ミュージックサーバーとしても、FLACやDSDなどのハイレゾファイルの配信も可能となった。

ただ、私はずっと待っている「SeeQVault SD」への対応は、今回も見送られた。「SeeQVault SD」は、東芝が主体になって推進しているようだが、それにパナソニックが乗りたくない理由が分からない。
利便性を考えたら、結局自社内でしか互換性のない「SeeQVault対応HDD」だけでは、ユーザーは納得できる筈がないのに。

ということで、そろそろBDレコーダーを買い替えたい気もある私だが、その一点でなかなか踏み切れないでいる。

regza.jpg

ASCII.jp:60分番組を最短5分で視聴できる! 再生時間を短縮する東芝BD レコーダー

【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】素早く録画を消化、“時短”で攻める東芝新レコーダ「DBR-T2007」。SeeQVault SDも - AV Watch

それ以外だと、東芝が全録でない普通のBDレコーダー「レグザブルーレイ」4機種を発表した。
東芝の全録モデルは昨年2月の「DBR-M590」以降新製品が出ていないらしく、この時期に後継機種が出ないというのは、もう全録モデルからは撤退したということかもしれない(一応、テレビのレグザには全録モデルは残っているが)。
市場規模が縮小し、東芝自身も業績のいい事業の選択が迫られる中、もはや立ち往かなくなったのだろうな。

今年の新機種は「時短」というコンセプトを前面に打ち出し、録画した番組を、すべてを再生する「通常再生」、CMなどのチャプターを飛ばす「らく見」、CMなどのチャプターを飛ばしながら1.3倍速で再生する「らく早見」、チャプターを考慮しながら本編を20分割し、冒頭15秒ずつ再生する「飛ばし見」を選んで、再生することができる時短再生機能だ。

また、録画時にはDVDダビング用データの生成も同時に行なえ、録画後DVD(VRフォーマット)への高速ダビングが可能となる。
SDメモリーカードへの持ち出し録画も可能で、SeeQVault対応のSDメモリーカードへの自動ダビングも可能となっている。
ただ、残念なのが「SeeQVault SD」規格自体が東芝以外に広がっていないため、スマホやタブレット側でも、国産ブランドが総崩れの状況で、明確な対応を謳う端末が広まっていないこと。

その状況を打開するため、iOS端末(Lightning搭載端末)で利用できるSeeQVault対応microSDカード&カードリーダーセットも発売するが、それよりは、レコーダー側で対応製品が他社にも広がることの方が重要だと思う。

時短再生機能については、東芝お得意のクラウド連携できめ細かなチャプター再生するまでには踏み込んでおらず、技術的な新しさは全くない、むしろ後退していると言っていい。

東芝が、全録モデルを封印したのだとしたら、今後どのような機能や性能で、BDレコーダー市場で買っていくのか、不安に思える新製品だな。

sh10_s.jpg

シャープ、字幕全文表示対応の新BDレコーダ。バラエティ「ドラ丸」も - AV Watch

シャープも、「AQUOSブルーレイ」5モデルを発表したが、新しい特徴は、1クールのドラマをまるごと録画できる「ドラ丸」の強化と、録画番組の字幕全文表示ぐらい。
字幕全文表示機能とは、番組の字幕を抽出し、映像なしの文字情報として見る機能で、番組のあらすじを文字で確認できるようにするというのが、目的らしい。
正直、ソフトだけのマイナーチェンジで、このぐらいなら過去の機種もファーム更新で対応して欲しいと思える程度の機能だ。
シャープも、次にやることがなくて、苦労しているようだな。

現時点で、新製品を発表していないのは、ソニーと三菱だが、

「使いやすさ」に自信あり――ソニー、BDレコーダー4機種を発表 (2/2) - ITmedia LifeStyle

ソニーが撤退したという話は聞こえてこないが、春以来新製品が出ていない。

『PS4 Pro』4Kブルーレイを排除した理由について「PS4はゲームの次にストリーミングで多く使われている。そこに重きを置いた結果だ」 : オレ的ゲーム速報@刃

しかも、ソニーに関しては、ハード的には対応可能なはずの「PS4 Pro」でも、UHD BD再生には非対応とし、4kはストリーミング対応のみで行くとの発言をしていたし、春の新製品も、独自のメディアクロスバーを廃止し、普通のメニューUIに戻してしまうなど、BDレコーダー市場にはあまり積極性は感じられない。
このままBDレコーダーから撤退します、と言われても、納得してしまうな。

三菱、今度はレコーダーからの正式撤退

そして、三菱電機は、BDレコーダーから正式に撤退したようだ。市場規模からして、やむを得ない判断だろうな。

ただ、これで、BDレコーダーを発売するメーカーは4社となってしまったし、ソニー、東芝、シャープも、どんどん独自性が薄れており、既に開発を外部に全面委託しているのではないかと疑えるほど。その先行きは怪しい。

一方で、テレビ番組を全然リアルタイムで見なくて、タイムシフトでしか見ないという人も多いが、そのニーズは必ずしもBDレコーダーの需要には結びついていない。

というのも、最近は、安い液晶テレビにも、USBでHDDを外付けすれば予約録画ができる製品が多いし、上位機種はダブル録画、トリプル録画の製品も多い。
すなわち、大半のユーザーはテレビのリモコンで手軽に予約録画できればそれでよく、見たら消せばそれでよくて、BDに保存したりしないのだ。
ネット動画の視聴機能も、スマートテレビ機能として、テレビにも内蔵されており、敢えてレコーダーで対応する意味も薄れた。

その意味では、レコーダーの機能の重点を、ホームサーバに移しつつあるパナソニックの方針は正解かもしれないな。

いずれにせよ、BDレコーダーという商品形態が、間もなく終焉を迎えそうなのは、間違いないようだ。

関連記事:
DIGA・2016年春の新製品:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Panasonic ブルーレイディスクレコーダー DMR-UBZ2020
価格:89316円(税込、送料別) (2016/11/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Panasonic ブルーレイディスクレコーダー DMR-UBZ1020
価格:81972円(税込、送料別) (2016/11/16時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。