So-net無料ブログ作成

今、一番安いインターネット回線 [インターネット]

スポンサードリンク




一戸建てで、今、インターネット回線を引く場合、どこが一番安いのだろうと思って、調べてみた。

まず、光回線では、

格安プロバイダはBBエキサイト | 高品質で業界最安プロバイダ

「光コラボレーション」の「BBエキサイト光」ファミリータイプが、月額費用が、税込4,708円で、一番安いみたい。
他の光コラボ同様、速度は最大最大1Gbpsです。
ただし、初期費用として、別途工事費がかかるのですが、もし、既にフレッツ光の工事が済んでいる家であれば、工事費なしで、入会手数料のみで加入することができます。

NURO光に乗り換えるメリット・デメリット

もし、一から光回線を引くなら、NUROひかりが一番安いようで、月額費用が税込5,122円。無線ルーターレンタル代やセキュリティ代もコミコミの価格で、速度は最大2Gbpsと業界最速。ただし、関東など地域限定だ。

光回線は、価格でいえば、このどちらかだろう。

さらに安い回線となると、廃れたとはいえ、ADSLがまだ使える。

Yahoo! BB バリュープラン | インターネット | ソフトバンク

こちらのプランは、契約料・初期費用が0円で、60か月間は、アナログ回線代込みで、月額税込み2,857円で使える。
さらに、ソフトバンクスマホを組み合わせることで、スマホのパケット代の割引も24か月間得られる。
速度は、最大でも12Mbpsで、交換局との距離が遠ければ、1Mbpsを切るケースもあるので、速度重視の人は避けた方がいい。

中間案としては、WiMAX2+サービスを使うこと。

WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年5月版

一番安いプランだと、ギガ放題で、月額税込みで3,414円が一番安いみたい。
ただ、加入手数料もかかるし、期間縛りの解約条件がいろいろあって、実態はそこまで安くはない。
また、使い放題とは言っても、3日で3Gbps使うと速度制限も掛かり、本来の意味での使い放題とは言えないが、速度制限が掛かっても現状は6Mbpsぐらいは出るので、使い物にならない程ではないようだ。
ただし、モバイルルータは、外に持ち出してしまうと家では使えなくなるので、家族持ちには適さない。独身向けだな。

5年ぐらい前に、自分が光回線に乗り換えるときに、いろいろ調べたが、光コラボサービスが始まって、多少光回線の値段は下がったが、それ以外余り状況は変わっていないな。

5年前も、アナログ回線代は別で、12Mbpsで1,200円ぐらいの格安ADSLサービスは既にあったし、WiMAXに至っては、速度はもっと遅かった(とはいえADSLよりましかも)が、月額税込み2,300円ぐらいで使い放題のプランがあったから、今より安かった。

ニュース - NTT東西、2025年メドに固定電話網のIP化完了へ、INSネットは廃止:ITpro

アナログ電話回線は2025年には廃止になるので、使えるのはあと9年。しかも、今後メンテにお金もかけられないだろうから、回線品質も劣化する可能性が高いし、今から加入するのは得策とも思えない。

wimaxはいつまで続く?サービス終了はいつ?|わかりやすいWiMAXキャンペーン比較ナビ【損をしない選び方】

WiMAXも2018年4月には廃止され、現在のWiMAX2+は、方式的には4G LTEと変わらないため、他の携帯キャリアより大幅に値段を下げられる要素はない。

光回線についても、物理的に光ケーブルを引いているのが、実質上NTT東西のみで、他はそれを借りているだけである以上、大きな値下げもあり得ないだろう。

世界的に見れば、日本のインターネット回線料金は、安い方に属するとは思うが、今後の値下げの要因が全く頭に浮かんでこないことを考えると、ブロードバンド回線の月額料金は、もうこれ以上、値下げは頭打ちで、下がらないものなのかな。

関連記事:
auからドコモ光パック対抗プラン登場:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました