So-net無料ブログ作成

Android搭載デジカメ「COOLPIX S800c」を購入 [デジタルカメラ]

スポンサードリンク




coolpix-s800c.jpg

COOLPIX S800c | ニコンイメージング

Android搭載コンパクトデジカメ「COOLPIX S800c」の中古を、Amazonマーケットプレイスにて、送料込み6,340円で購入した。

「COOLPIX S800c」は、以前にもご紹介したAndroid搭載デジカメだが、約111.4×60.0×27.2mm、約184gのコンパクトサイズに、1602万画素 光学10倍ズームのデジカメ性能は、悪くない。

一方、Android部分は、CPUがシングルコア、RAMが512MBで、OSがAndroid 2.3.3ということで、時代遅れで実用が厳しいため、積極的に買うつもりはなかったのだが、綺麗そうな中古が安かったもので、つい衝動買いしてしまった。

私としては、撮影した写真が、モバイルWi-Fiルータ経由で、直接クラウドストレージ(現状、写真はDropboxを利用)にアップロードできればいいので、何とかなるだろうと思ったのだ。

ただ、商品が届く前に、ちょっと下調べしてみた。

・私は現状、写真はDropboxに集約していて、Android 2.3.3でも、Dropboxアプリが使えると勘違いしていたが、最近のバージョンでは動かないいみたいだ。これは、古いバージョンのアプリが使えればいいのだが。場合によっては、使うクラウドストレージを変更する必要があるかも。

・本体のUSB端子は、Android端末なのに、デジカメにしか見ない特殊形状。なので、付属ケーブルでないと通信、充電できないのは残念。
ただ、USBで本体バッテリーの充電はできるので、そのケーブルさえ持ち歩けば、バッテリー切れの時に外付けバッテリーが使えるな。

Nikon | Download center | ViewNX?i (Windows)

Nikon | Download center | Capture NX-D (Windows)

Nikon | Download center | ソフトウェア用レンズゆがみ補正データ更新ファイル

ソフトウェアは中古だったので付属しないが、ネットでダウンロードできる。
内容を見ていたら、「ソフトウェア用レンズゆがみ補正データ更新ファイル」なんてものもあり、どうやら、純正ソフトを使えば、マクロ撮影などでは特に目立つレンズのゆがみを補正してくれるらしい。
だったら、なるべく純正ソフトを使った方がよさそうだ。

・動画撮影は、フルHDの30fpsが最大解像度で、HDMIミニ端子があり、テレビにHDMI出力ができるようだ。ただ、私は使わないと思う。

・マニュアル撮影のようなモードはない。個人的には、オートで使うつもりなので、問題ない。

Nikon | Download center | COOLPIX S800c用ファームウェア

Nikon | Download center | COOLPIX S800c

ファーム更新については、本体ファームのVer.1.3と、更新用A-GPSファイルが公開されている。
更新内容を読むと、どうやらWi-Fiが切れやすいらしく、その対策がメインみたい。それは、絶対アップグレードしないといけないな。
ただAndroid OSのメインバージョンが上がるわけではないので、あまり過大な期待はしない方がいいかも。

関連記事:
直接クラウドにアップロードできるデジカメ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



【中古】NIKON COOLPIX S800c ホワ...

【中古】NIKON COOLPIX S800c ホワ...
価格:10,584円(税込、送料別)

【中古】NIKON COOLPIX S800c ブラ...

【中古】NIKON COOLPIX S800c ブラ...
価格:10,584円(税込、送料別)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました