So-net無料ブログ作成

三菱電機の新しいエアコンの感想 [白物家電]

スポンサードリンク




三菱電機の新しいエアコン「霧が峰 MSZ-ZW284」が、リビングダイニングに設置された。平日昼だったので、工事の様子は見ることはできなかったが。

ダイキンの「うるるとさらら」に代わって取り付けられたが、工事自体は特に問題はなかったようで、追加料金等はなかった。

KIMG0521.JPG

取り付けられた室内機を見ると、前機種のダイキンより前へのでっぱりが大きい。

逆に、室外機はかなりコンパクトになった。ダイキンにあった加湿機能がないためらしい。

動作中の騒音等は問題なし。ビリつきなどもない。

面白いのは、電源を入れると、室内機中央にある温度センサーが首を振るように動き、しばらくして4枚のフラップがばらばらに動くこと。
この動きが面白くて、まるでロボットみたいだ。

KIMG0522.JPG

リモコンは、お年寄り向けの配慮か、やたら文字やボタンが大きい。ただ、遠くから液晶表示が見やすいメリットもある。操作も難しい点はない。

ダイキンのリモコンは、マニュアルを見ないとよく分からない用語やボタンが多く、全機能を把握するのが困難だったが、このエアコンのリモコンは、そうした難解さはなるべく排除されており、奥さんでもマニュアルを見ずに使える。

なお、カタログには、スマホアプリ「霧ヶ峰REMOTE」で、宅外からエアコンの操作ができることが書かれているので、できるなら試して見ようと思ったが、調べると、無線LANアダプターMAC-884IFを取り付ける必要があるみたい。
三菱電機のエアコンの場合、こうした無線LANアダプターは、最上位機種も含め全機種オプションだそうだ。
しかも、1万円弱もするので、手軽に手を出せる価格でもない(独り暮らしなら買うかもしれないが・・・)。
他社だと、最上位機はこうしたアダプターは内蔵のことも多いので、この姿勢は残念だな。カタログ上は大きな売りになっているが、どの程度本気なのかが垣間見えるようだ。

冷暖房性能や、電気代については、今は暖かくなってきてフル稼働させる状況にないため、本格稼動する夏冬のシーズンに、気になる点があればまたレポートしたい。

関連記事:
リビングのエアコンの買い替え:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました