So-net無料ブログ作成
検索選択

Miracast対応のテレビアダプタが続々登場 [AV機器]

スポンサードリンク




Q-WH-D1.jpg

以前、Miracast対応のテレビアダプタとして、「Q-WH-D1」という製品を取り上げた。秋葉原で3,980円で売られているという記事を見つけ、機会があった時に行ってみたのだが、残念ながら売り切れだった(当然か)。

ただ、その後、スペックを見比べていたら、Miracastをまともに使いたいなら、多少割高でも、こちらの製品の方を買った方がいいことが分かった。

WFD-HDMI.jpg

ミラプレ(WFD-HDMI) | 特長 | 映像出力機器 | IODATA アイ・オー・データ機器

まず、「WFD-HDMI」は、帯域が必要なMiracastモードでは、無線LANがIEEE 802.11a/b/g/nの2.4GHz/5GHz帯デュアルバンド対応なので、5GHz帯を使えば、「Q-WH-D1」などよりは高画質なフルHD(1920×1080p)表示ができる。

「Q-WH-D1」は、2.4GHz帯しか対応せず、720Pまでの解像度にしか対応しないし、動作も不安定だったので、この差は大きい。

また、「WFD-HDMI」は、「Q-WH-D1」同様、DLNA DMRとしても使えるMedia Playerモードもあり、動画、写真、音楽の再生を行わせることができる。

さらには、独自のiOSモードがあり、iPhone/iPadから動画、写真、YouTubeの再生を行わせることができるのは、「Q-WH-D1」にはない特徴だ。

HDMIのCECコマンドにも対応し、テレビの入力端子の自動切換えにも対応するあたりも、さすが日本製だな。

電源はUSBのバスパワー度で動くし、筐体は「Q-WH-D1」より大きなボックスタイプだが、スマホよりは小さい程度。なので、テレビラックの上に置くのに邪魔になるほどでもないだろう。

気になる点としては、DLNA DMR(レンダラー)として使用する際のサポートするメディアフォーマットの種類が、「H.264/MPEG2 AAC、MPEG4 AAC」しか書かれておらず、様々な種類のネット動画には対応できなさそうであることだ(ちなみに、音楽、写真のサポートフォーマットに至っては、Webや取扱説明書のどこにも記載がなく、IODATAにしては不親切だな)。
この点では、「Q-WH-D1」の方が、詳細に対応フォーマットが掲載されており、しかも、その対応範囲も結構幅広いため、安心感がある。

価格は、8,000円弱といったとこか。「Q-WH-D1」に比べてかなり高い。
DLNA DMRとしての使い方がメインなら、安い「Q-WH-D1」の方が圧倒的にいいだろう。
一方で、もし、Miracastモードでまともに使いたいなら、多少高くても「WFD-HDMI」の方がいい。
さらには、Androidだけでなく、iPhone/iPadから使いたいなら、「WFD-HDMI」しか選択肢はなさそうだ。

さらに、その後も、Miracastアダプタがいくつか登場している。

asusmiracast.jpg

ASCII.jp:1万円以下でワイヤレス映像出力! ASUS純正Miracastアダプター

「Miracast Dongle」(型番:90XB01F0-BEX060)はASUS製で、スティックタイプながら、こちらの製品もIEEE802.11a/b/g/nの5GHz帯に対応し、フルHDでの表示も可能とのことだ。ただし、他の製品のようにDLNAモードはないのが残念。
価格は、8,980円と、出始めめということもあり安くないな。

HD-01.jpg

スマホの画面をテレビに出力、MiracastとDLNAに対応した小型ワイヤレスアダプター「HD-01」 - ITmedia LifeStyle

こちらは、GEANEE社製の「HD-01」というスティック型アダプタ。
無線LANはIEEE802.11b/g/n対応で、2.4GHz帯のみの対応だが、外部アンテナで感度をアップさせ、フルHDの表示にも対応するという。
DLNAクライアントモードも備え、予想実売価格は5,980円前後と安い。

MiracastがフルHDで安定して使えるようなら、この製品はお買い得かもしれないので、実際に使ってみた人のレビューを待ちたいところだ。

LDT-MRC02.jpg

エレコム、スマホやWindows 8.1 PCの映像をテレビに表示するMiracastアダプタ - AV Watch

こちらのLDT-MRC02も、フルHD対応を謳うが、無線LANが2.4GHz帯のみのサポートなので、安定性はやや不安。価格も1万円を越えるので、実機レビューが出るまで様子見かな。

現時点では、「WFD-HDMI」が、やや高いけど、一番リスクが少ないかな。
オークションで探せば5000円前後で買える可能性もあるし、IODATAなので、アイオープラザで中古やアウトレットの掘り出し物が出る可能性もあるだろう。
もうちょっと出物をワッチしてみることにしよう。

関連記事:
無線ディスプレイアダプタ「Q-WH-D1」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。