So-net無料ブログ作成

電子ペーパー端末「DPT-S1」にちょっとガッカリ [電子書籍]

スポンサードリンク




DPT-S1.jpg

ソニー、E Inkの新テクノロジを用いた13.3型の電子ペーパー端末 - PC Watch

以前、技術発表があった、このソニーの高解像度の電子ペーパー端末「DPT-S1」が、製品発表になった。

【.biz】ソニー、世界最薄/最軽量の13.3型電子ペーパー端末 ~タッチ/ペン対応1,200×1,600ドット - PC Watch

ただ、完全に業務向けで、市場想定価格は98,000円前後というから、気軽に買える商品ではなかった。がっかりだ。

電子ペーパーには9インチのE-inkの「Mobius」を採用し、解像度は1,200×1,600ドット、コントラストは16階調。
本体サイズは、約233×310×6.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約358gと、同等の液晶画面のタブレットに対し、軽さで差をつける。
また、光学式タッチと、電磁誘導方式ペン入力のハイブリッド対応で、指でのページ送りと、ペンによる書き込みの両方が可能だそうだ。
ストレージは4GBを内蔵し、microSDカードも使える。
IEEE 802.11b/g/nの無線LANを内蔵し、micro USBでパソコンと接続や、充電を行い、バッテリー駆動時間はWi-Fiオフで最長3週間、オンで最長2週間とのこと。

スペックを見たときには、楽天koboの「kobo aura HD」を上回る、自炊書籍を読むのに最適な端末だなと思い、注目していたのだが、この値段ではね~。

企業や学校内で印刷/配布される紙の資料を置き換えることを狙うそうで、対応ファイル形式もPDFのみ。

今後、このスペックをベースにした、個人でも買える価格のソニーReaderが発売されることを望みたいな。

電子書籍端末ショーケース:kobo Aura HD――楽天 - ITmedia eBook USER

さて、これで、現時点で、自炊書籍のリーダーの本命は、やっぱり「kobo aura HD」しかないことが、はっきりしてきたな。
画面サイズは、6.8インチとソニーより小さいものの、解像度は1080×1440ドットもあり、ドット密度はソニーを上回る。
サイズは、128.3(幅)×175.7(奥行き)×11.7(高さ)mmで、ギリギリ片手で持てる横幅に、約240gというB5本並みの軽さ。

Kobo Aura HDをindigo.caで買う方法 - 準備編 | クポーン - 電子ブック楽天koboの定点観測

価格は、169.99ドルで、直輸入すると送料込みで2万円強するが、それでも何とか個人で買える価格なのだから、贅沢は言えない。
気になっていたソニー「DPT-S1」の諦めがついた今、「kobo aura HD」の個人輸入、本気で考えようかな。

関連記事:
ソニーReaderの新モデル発表 | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

merkava

私もこれにつよい興味をもってSONYに問い合わせてみました。
私としては98000円でもかまわないのでほしかったのですが、ネットワークを含めたシステム売りのみで単品での販売は法人に対しても行っていないとのこと。
販売代理店が単品販売をしてくれるのなら入手可能かもしれないけど代理店情報は個人には知らせられない(意訳)
いやはや
by merkava (2013-11-27 17:36) 

naniwa48

merkavaさん、コメントありがとうございます。
「Mobius」パネルの量産はまだまだ厳しいみたいなので、ソニーは、まずシステム販売で着実なビジネスをしたいみたいですね。
私も欲しいのですが・・・
by naniwa48 (2013-11-27 21:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました