So-net無料ブログ作成

前の5件 | -

200ドルのVRヘッドセット「Oculus Go」は本当に出るのかな? [ゲーム機]

22365141_132226874093644_6601311330328641536_n[1].jpg

単体で動く200ドルのVRヘッドセット「Oculus Go」発表、Facebookは10億人のバーチャルリアリティ人口を狙う - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

Oculus VR を買収したFacebookが、「Oculus Go」という新たなスタンドアロン型のVRヘッドセットを、2018年初頭に200ドルで販売する予定であることを発表しており、11月には開発者向けキットが販売開始されるという。

同社が発売しているVRヘッドセットであるOculusとHTC(Vive)は、最新の価格でれぞれ400ドル、600ドルで、最初よりは大分値下げされたものの、「Oculus Go」はそれよりもさらに安い。

「Oculus Go」は、従来のOculus Riftのレンズと視野角は同じで、WQHD(2560×1440ピクセル)のファスト・スイッチ方式のLCDスクリーンを搭載し、サラウンド機能付きのオーディオドライバも組み込まれているという。

スタンドアロン型ということなので、おそらくスマホなどに使われるSoCが搭載されており、AndroidベースのVRアプリやVRコンテンツが利用できるものと思われるが、VRデバイスとしての快適性を考えるなら、3Dグラフィックスも高性能なハイエンドに近いSoCを搭載したいところだし、ジャイロセンサーなども高感度のものを使いたいところ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Android TV 7.0搭載Smart Box「KSTB5043」購入 [ネット家電]

nexus-player.jpg

Google、Nexus Playerを静かに終了 | TechCrunch Japan

Android TV搭載のボックスとして「Nexus Player」を持っているが、私が見たいコンテンツを利用するには、「Amazon Fire TV Stick」の方が便利だということもあり、最近は、「Nexus Player」に電源を入れていない。

「Nexus Player」も、OSの更新だけはマメで、最新版ではAndroid TV 7.0 Nougatになっているが、それで何が変わったかというと、機能的にはほとんど変わりがない。
Nougatの新機能である、ピクチャ・イン・ピクチャ(PIP)モードや、コンテンツの録画機能、ライブコンテンツの一時停止や早送り/巻き戻しが可能になるタイムシフトAPIは、「Nexus Player」ではサポートされておらず、何の新鮮味もない。
アプリに関しても、ソニーのAndroid TVなら動くniconicoやAmazonビデオのアプリも動かず、ソニーにはある動画再生が可能なWebブラウザも搭載されておらず、「Amazon Fire TV Stick」の購入と共に一気に使い道を失った。

spec_photo1.png
Android TVを楽しむならSmart Box - KSTB5043 - 特長 | 株式会社ピクセラ

先日、ピクセラから発売されたAndroid TV 7.0(Nougat)搭載の「Smart Box(KSTB5043)」は、SoCが4K/HDRに対応し、新世代のボックスだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

IntelがAMD GPU内蔵Coreプロセッサを発表 [PCパーツ]

corei.jpg

歴史的融合。IntelがAMD GPU内蔵Coreプロセッサを発表 ~1パッケージにCPU、GPU、HBM2を包含 - PC Watch

IntelとAMD、ハイエンドノート向けRadeon載せCoreでNVIDIA対抗 - ITmedia NEWS

AMDが、隠し玉「Ryzen」を発表し、大ヒットしたときも驚いたが、IntelがAMD GPU内蔵Coreプロセッサを発表したというニュースにはさらに驚かされた。

今回発表された第8世代のモバイル向けCoreプロセッサは、第8世代のCore Hプロセッサと、AMD Radeon Technologies Groupが開発したRadeonベースのセミカスタムGPUを搭載するチップで、CPUとGPUの2つのダイは、1つのパッケージ上で、今回のチップで初めて採用される「Embedded Multi-Die Interconnect Bridge」(EMIB)という技術で接続されているそうだ。

新プロセッサ搭載機は2018年の第1四半期に登場する予定だそうだ。

インテルが、これまで敵対してきたAMDと手を組むなんて日が来るとは・・・驚きだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無期限のVPNサービスが7,980円 [インターネット]

images.jpg

無期限のVPNサービスが半額の7980円、ソースネクスト「Wi-Fiセキュリティプレミアム」 -INTERNET Watch

ソースネクストが、無期限に利用できるVPNサービス「Wi-Fiセキュリティプレミアム」を52%オフの7980円で販売するキャンペーンを11月14日まで実施しているそうだ。

「Wi-Fiセキュリティプレミアム」は、AnchorFree社が提供するVPNサービス「Hotspot Shield」有料版を日本向けにローカライズした製品とのこと。
対応OSはWindows/Mac/Android/iOSで、1ユーザーに、1ライセンスキーが付与され、それで5台の端末から利用できる。

接続先のVPNサーバーは、日本、インド、アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、カナダ、中国、チェコ共和国、ドイツ、デンマーク、スペイン、フランス、香港、アイルランド、オランダ、ロシア、スウェーデン、トルコ、ウクライナ、メキシコのいずれかを選択可能だというから、なかなか幅広い。

肝心のVPNの使い道だが、これは、使わない人には全く興味がない機能ではあるのだが、ちょっとしたトリッキーなことをしたいときに、欲しいことも多い。

米国からアクセスしないと会員登録ができないサービスを、どうしても日本から利用したいときや、中国出張中に、日本のサービスにアクセスしたい場合、逆に、日本から中国国内でしか利用できない巨大クラウドサービスに加入したい場合など、色々な使い道があり、そうした用途にも使えるよう、ちゃんと中国のVPNサーバが利用できるのも有難いところ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Firefox Quantum」がリリースされたが [インターネット]

2017.25.09.FFQuantumBeta_Quantum-1400x770.png

「Firefox Quantum」登場--高速化するも多数のアドオンが使えず - CNET Japan

以前にも取り上げたFirefoxの最新版「Firefox Quantum」(バージョン57)が一般公開された。

とりあえず、職場のFirefoxが勝手にアップグレードされたので、それを試しに使っているが、操作レスポンスは確実によくなった気はする。

ASCII.jp:2倍速い最新ブラウザー「Firefox Quantum」正式版登場! 早速ベンチマークした (1/2)

ベンチマークの上では、それほど爆速という感じでもないのだが、特に、タブを10個ぐらい開いたときの各タブでの操作レスポンスは、Firefox 56と比べて段違いだ。

また、Firefox 56でよく起きた、多数のタブを開いたまま放置すると、ブラウザが操作不能になる現象も、今のところ起きていないように見える。

ただし、Flashがあるサイトを多数タブで開くと、遅くなる現象はあまり変わらない気がする。Webにとって、もはやFlashは癌でしかないのかな。

困ったのが、高速化の代償なのか、代わりに、多数あったアドオンのほとんどが使えなくなったこと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -